漢詩詞同人誌17年1-3 文化交流漢詩詞結社葛飾吟社

平成十七年一月号

     元 旦         千葉県 中山逍雀
  正旦欣然鳳暦開,稱觴椒酒亦宜哉。
  旭光迎處祥雲漾,晴色披時瑞靄回。
  緑意春風吹岸柳,紅情暖気促庭梅。
  閑人最喜昇平澤,萬歳三呼献壽杯。

 

    迎接酉年野生一鵲回到(豊岡村)  千葉県 今田莵庵
  鵲声曾在故村駘,滅失尋因農薬災。
  哀惜中華呈母鳥,放流田螺除叢苔。
  深謀修改三年後,何図野生一鳥来。
  駆逐害虫委◇◆,天然摂理再周回。
     ◇=虫+堰−土。◆=虫廷。

 

     謹賀新年 二首     東京都 石倉鮟鱇
       一
  美酒蒸發處,猶留酉字奇。
  三元人一醉,朱臉似雄鷄。(普通話韵七斉)

       二
  梦對天仙鯨飲豪,酖酖酬酢醉醇醪。
  酒壺靈水竟乾尽,人到酉年豐羽毛。

 

     東京大兵馬俑展 千葉県 今田莵庵
  兵馬俑醒三十年,八千士影立悠然。
  先鞭農夫怡迎客,各隊干戈如擦肩。
  今到東京誇尚武,遠来空路似伴仙。
  四頭牽索銀車燦,新掘文官袖手憐。

     宍道湖之旦     千葉県 今田莵庵
  嵩山旭日予光恬 宍道大橋暁気霑。
  青眼文豪深好処,紅蓮郷女残香匳。
  五重城郭松間聳,千基汀灯朝靄潜。
  小蜆盈盈湖底息,軽舟漕出掉鋤簾。

     安来清水寺 千葉県 今田莵庵
  黄條紅葉錦為斑,磴道迢迢誘入山。
  休箸餐亭忙筆硯,幽塔佇立老松間。

   悼寄村岡功先生愛嬢急逝  千葉県 今田莵庵
  春浅偕尋麗澤庭,夏来謦咳不聞□。□=シ+令。
  喪嬢今識災俄到,訃報親書挂腹冥。

 

     帰 国          千葉県 陳 興
  帰国之前買機票,電車新宿駅中停。
  飛機駅外藍天上,疑向吾心所往行。

 

    "岡寺山門坂茶屋"   神奈川県 山田鈍耕
  欲食停車入小軒,"女将"淡掃舌瀲飜。
  破顔一笑酒三昧,疲労客人漸解悶。

    "大亦観風万葉展"   神奈川県 山田鈍耕
  遠遠古墳明日香,四囲壁画記星霜。
  寫描万葉迫眞美,日本画家燦一堂。

    "奈良"旅行        神奈川県 山田鈍耕
  小寒案句訪仙郷,壁画古佳人四方。
  飛鳥遙思舞台石,一宵詩酒夢羲皇。

    "明和会旅行"      神奈川県 山田鈍耕
  朋僚再会古都行,群鹿相迎和善聲。
  薄夢彷徨懐往時,談論風發睡難成。
   (注)和善聲:人なっこくて優しい聲

 

     訪舊"鳩山邸"  神奈川県 萩原艸禾
  世上嘗名"音羽楼",連綿四代占林丘。
  皐門不辨往時事,屋角石鳩爲誰留?
(注)鳩山邸:音羽邸と呼ばれ、現在は一般公開されている。
四代 :初代;和夫 衆議院議長 二代;一郎 首相
     三代;威一郎 外相 四代;邦夫 文相

     夜坐偶感       神奈川県 萩原艸禾
  崖壁卒崩落,濁流為広淵。
  良民捐破屋,何處忍霜天。
  智者描"災"字,已能名此年。
  風懐聊托酒,清月轉騒然。

 

     鎌倉銭洗弁天     神奈川県 高橋子沖
 "鎌山"花鳥聊塵縁,草径処窮生冷泉。
  境内回遊追古意,同朋巳日洗金銭。

     南極皆既日蝕     神奈川県 高橋子沖
  雪原万里日斜幽,金鵡鳴騒異変憂。
  天界沈沈人不怕,光環凝視億単眸。

 

  遣唐使随員之墓誌銘出土有感   神奈川県 林 凱風
  可念光人客異郷,仁風礼法学無遑。
  如今不辨師徒別,逐利専争作富商。

 

    遊東京廸斯尼樂園"小飛侠天空之旅"  (Peter Pan's Flight) 東京都 金 中
  追尋侠客少年魂,海盗船登星宇奔。
  泰晤士河遙俯望,萬家燈火夜倫敦。

 

     熊 猫         東京都 田村星舟
  來訪重慶秋暑途,熊猫咬篠獣園隅。
  行人哈哈只観背,天際雲移風韻殊。

     行石林        東京都 田村星舟
  紅萼開攸石柱園,怪形萬態不驚稀。
  傳聞太古大洋底,勝地仙蹤心此遊。

 

    守 歳         東京都 齋 游子
  天怒人爭還一年,月光注盞梵鐘傳。
  沈沈守歳三杯酒,八十馬齢羞瓦全。

     寒夜雑詠       東京都 齋 游子
  草堂寒夜靜,擱筆浴温泉。
  野叟閑吟處,融融別有天。

    於佛羅倫薩日本女性指南 東京都 齋 游子
  住居伊國幾星霜,愛敬古都如異常。
  柿色衣靴驚我眼,舌端吹火動枯腸。

    寄新潟県中越地震    東京都 齋 游子
  雲怒如噴煙,地搖似破船。餘震無晝夜,老若失安眠。
  雨積民家壞,山崩車両顛。故郷冬近處,皆恐豪雪天。
  却顧台風禍,頻歎此一年。妖災誰所作,投筆坐燈前。

     小春即事       東京都 齋 游子
       一
  鳥語??驚夢魂,小春朝氣滿乾坤。
  野翁無恙忘機處,柑柚黄成映小軒。

       二
  樹樹黄紅下,喚呼凌鳥聲。
  小春誰不愛,陰翳恣風情。

       三
  朝暉照眼錦楓林,絳絳黄黄似散金。
  忽想當年天變處,寒禽何處送佳音。

       四
  白猫紅樹上,回首伺頑童。
  何意小春日,故山憂北風。

     孟冬偶成        東京都 齋 游子
  馬齢垂八十,餘生不能無。何若残楓落,寂帰塵土隅。

     排律偶成        東京都 齋 游子
  馬齢垂八十,挑燭恐餘生。口腹無知老,身心奈易傾。
  霜楓帰土節,自得事如迎。野叟思泉處,懐疑意不平。
  小春繊月夜、寂寂坐三更。
    (注)泉是黄泉也。

     弔問亡舊知       東京都 齋 游子
  冬天一碧北風鳴,鳥黙狗号心不平。
  來弔故人靈位下,坐憐實直不羈生。

 

     三保松原(静岡県清水市三保)  東京都 池田耕堂
  青松海岸盡天涯,遙看霊峰清且奇。
  "伊豆"連山青靄靡,"駿府"湾内白帆欹。
  昔人吟句称形勝,天女舞空纏羽衣。
  伝説発生相応処,潮騒静聴感慨滋。

     清見寺(静岡県清水市興津)  東京都 池田耕堂
  駿州温暖転清妍,多少元勲送晩年。
  僧刹禅堂立山腹,"清津""三保"望眼前。
 "半千羅漢"風情在,"権現芳梅"別興牽。
  日暮鐘声過海上,暫時待月佇幽園。
  (注)元勲:井上馨,西園寺公望等
     清津:清津湯    三保:三保の松原
     半千羅漢:五百羅漢
     権現芳梅:徳川家康お手植えの梅

     中尊寺(岩手県西磐井郡平泉町) 東京都 池田耕堂
  "平泉"一帯 曾豊,佛教文華此興隆。
  金色廟堂殊壮麗,緑陰寺院自尊崇。
  夏来清境籠嵐翠,秋至幽林満目紅。
  三百僧房昔時夢,"藤原"榮耀総爲空。

     本土寺(千葉県松戸市平賀)   東京都 池田耕堂
  "日蓮三聖"開山地,広大祇林冠八州。
  宝塔妍華聳丘上,庭園優雅在池頭。
  紫陽花満迎初夏,紅葉粧成報暮秋。
  往古威容長化梦,今猶清境殿堂稠。
   (注)日蓮三聖:日朗聖人,日像聖人,日輪聖人

 

     新年凡作        東京都 石倉鮟鱇
  善男信女仰初陽,共賀新年百慮忘。
  人浴温泉暖身凍,陶然覓句得詩章。

     竹林圍棋        東京都 石倉鮟鱇
  白鷺K烏紛一隅,人爭棋勢忘賢愚。
  竹林終日蝉鳴處,羽客飛来観戰娯。

    題千住博画伯描的"雲龍" 東京都 石倉鮟鱇
  頻見常龍怒吐炎,人描靈物守温顔。
  眼光炯炯K雲裡,愛護民福四方全。

     偶 作         東京都 石倉鮟鱇
  夏王塗粉進棺材,百姓無言待發哀。
  又有權官佯慟泣,買人哂笑喜春来。

 

 

短 詩

瀛歌

     蒼          千葉県 高橋香雪
  海蒼蒼。山紅水光,映斜陽。高楼開窗,潮香陶然。


偲歌

     三 首        千葉県 秋山北魚
  鴻書意盡,仰天想君。風吹悶悶,過寒雲。
      (注)十五痕の平韵と仄韵を交互に押韵

  別離容易,相逢很難。惜小梅雪,一枝残。
      (注)惜は領字

書窗信書,懐往時空。有開又散,花不同。

 

     四 首        東京都 石倉鮟鱇
  雲心月性,天性氷心,氷壺秋月,入春雲。

  高峰低唱,低谷高歌。性情乖僻,扮風格。

  地有忘八,天有嫦娥。我鰥月寡,徇美徳。

  温顔含笑,好語藏刀,陽奉陰違,汗馬勞。

     聽話二首       東京都 石倉鮟鱇
  花説閑話,人聽歪話。猶如情話,還私話。

  妖花拉話,老翁聽話。没有臓話,無冷話。


曄歌

    静岡 于真鶴駅頭  千葉県 高橋香雪
  鶴翼翻。車站屋頂,油漆痕。

 

     五 首        東京都 石塚梨雲
  茶梅芳。喜怒哀楽,六十霜。

  万里空。一帆風順,気蓬蓬。

  麗初陽。風花雪月,百事忘。

  万象新。山清水秀,天地春。

  雪後新。竹外鶯声,先報春。

 

     四 首        東京都 田村星舟
  萬事慵。杯酒此時,除夕鐘。

  斜日低。"瓢湖"白鳥,恰恰啼。

  酒微醒。寒夜燦燦,六連星。

  小橋東。雨餘田家,早梅紅。

 

     四 首        東京都 石倉鮟鱇
  有詩人。春,競鶯吟,歩花村。
  緑蔭佳。夏,涼無價,人有暇。
  詩可酬。秋,月山頭,人酒樓。
  酒有功。冬,梦仙洞,見花容。

     風(十七庚)七首   東京都 石倉鮟鱇
  春解氷。風,人易醒,酒堪傾。
  春解氷。風,梅香徑,人醒酲。
  櫻又櫻。風,飛雪清,醉魂輕。
  枕肱梦。風,過山嶺,千里輕。
  枕肱梦。風,衣無縫,人近星。
  火雲崩。風,晩蝉鳴,秋氣清。
  秋徑靜,風,梧桐影,月光明。

     冬(十八東)十四首  東京都 石倉鮟鱇
  落暉紅。冬,有老松,聞晩鐘。
  聞晩鐘。冬,老頭雪,熟柿紅。
  曙光紅。冬,光海涌,雪汀融。
  竟無功。冬,醉梦中,吟鬼工。
  竟無功。冬,雪埋冢,人醉中。
  志已窮。冬,雪埋冢,酒無功。
  志已窮。冬,人抱甕,酒無功。  甕:十七庚通用。
  接碧空。冬,吟志凍,酒懷融。
  聞寺鐘。冬,風颯颯,髪鬆鬆。
  念花容。冬,思悶悶,涙淙淙。
  雪山重。冬,芒總總,髪鬆鬆。
  酒無功。冬,風韵凍,詩未工。
  念花容。冬,寸心凍,酒千鍾。
  月麗穹。冬,人無用,酒千鍾。

    春(十七庚)六首    東京都 石倉鮟鱇
  聞老鶯。櫻,飄風靜,映水明。
  聞老鶯。櫻,開徑靜,舞風輕。
  探花行。櫻,涌形勝,散春風。
  櫻又櫻。鶯,誇鳥性,領春情。
  樂余生。春,一山櫻,三囀鶯。
  筆如頴。春,聽鳥声,描風景。

    春(十六痕)五十首   東京都 石倉鮟鱇
  任風襟。春,搖脣吻,歩花村。
  醉花村。春,洗胸襟,弄韵文。
  賞櫻人。春,探風韵,和山禽。
  賞櫻人。春,吟不尽,醉無垠。
  間紅塵。春,醉花茵,作主賓。
  曳杖吟。春,花如錦,人若禽。
  白首吟。春,鳥語新,詩未眞。
  賞花吟。春,搖脣吻,点酒痕。
  賞櫻吟。春,佯山隱,属詩人。
  櫻底吟。春,排憂悶,作主賓。
  人放吟。春,櫻如錦,興無垠。
  花底吟。春,誇才俊,得詩新。
  艷妝新。春,排別恨,動花心。
  入山村。春,梅林靜,鳥声新。
  醉櫻林。春,曲肱枕,梦君尋。
  歩梅林。春,吟不尽,愛清貧。
  歩梅林。春,吟搖吻,醉忘身。
  坐櫻林。春,仙境近,四山隣。
  坐櫻林。春,閑人飲,啼鳥親。
  坐櫻林。春,無酒禁,有醉吟。
  醉搖脣。春,佯山隱,競鶯吟。
  歩花蔭。春,伴朱脣,間黄塵。
  有俳人。春,競山禽,歩花村。
  有俳人。春,競鶯吟,歩花村。
  有俳人。春,探風韵,歩梅村。
  有俳人。春,探清韵,化鳴禽。
  有俳人。春,吟成寸,志無垠。
  有俳人。春,搖脣奮,得句新。
  有俳人。春,無押韵,競鳴禽。
  老俳人。春,無押韵,得短文。
  老俳人。春,踏糞吟,搖吻勤。
  女俳人。春,舞短文,搖玉脣。
  女俳人。春,舞短文,踏花蔭。
  女俳人。春,誦青春,蕩朱脣。
  女俳人。春,歩長林,弄短文。
  女俳人。春,坐花茵,作主賓。
  主宰吟。春,踏數村,引一門。
  主宰吟。春,探風韵,伴花脣。
  主宰吟。春,誇才分,歩花村。
  主宰吟。春,誇高韵,舞短文。
  女詩人。春,塗香粉,歩梅林。
  女詩人。春,塗脂粉,歩漁村。
  女詩人。春,蕩花脣,弄韵文。
  女詩人。春,吟仙品,歩櫻林。
  女詩人。春,競鶯吟,歩櫻林。
  女詩人。春,動花心,醉韵文。
  老詩人。春,佯山隱,問梅村。
  老詩人。春,蕩吟脣,似鳴禽。
  老詩人。春,吟充分,坐孤墳。
  興無尽。春,肱堪枕,櫻如錦。

 

漢俳

     新年二首       埼玉県 芋川冬扇
  吟朋一筆眞。又逢梅花茶換酒,酔裏自成春。

  春回兩鬢絲。白屋阿蒙胸中健,欲賦謝君詩。

     新年書懐       埼玉県 芋皮冬扇
  盆梅春色開。淑気紅装香和酒,淡淡作詩媒。

     春寒          埼玉県 芋皮冬扇
  醒醒酔后茶。半日耽吟流水岸,春影薄寒加。

     早春即興 二首   埼玉県 芋皮冬扇
  詩中一字縁。茅屋晨鶏八易老,春浅早梅妍。

  寒香数点春。野店偶知郷里酒,十里雪装晨。

     雪中探梅 二首   埼玉県 芋皮冬扇
  曇天雪未晴。寒風野店亦嘗酒,破蕾動郷情。

  眼前轉水車。清光淡香寒風柔,夫妻探梅花。

 

    漢俳・一席話,勝讀十年書 東京都 石倉鮟鱇
  頻醉作凡夫。聽君酒店一席話,勝讀十年書。(普韵)

 

     年終景象        東京都 田村星舟
  俯瞰階六十,人人如蟻慳寸陰。窮朧意殊深。

     亜利曽那平原     東京都 田村星舟
  早春開曙暉。曠野魁偉仙人掌,尖尖萬棘輝。

 

     在東京思新潟県之災害     東京都 齋 游子
  武州柑柚黄。故里今年災害夥,更恐豪雪殃。

     戰 爭          東京都 齋 游子
  聖戰兼義兵,西東古今苦蒼生。無辜奈泰平。

     小春即事二首     東京都 齋 游子
  樹樹紅黄下,童子喚呼凌鳥聲。小春好風情。

  殘楓小春日,白猫登樹伺頑童。故山奈有?

 

     大兵馬俑展于東京上野     千葉県 今田莵庵
  公園入晩秋,兵馬俑来起瀛州。不□巴双眸。□=目乏

  回首古長安,兵馬幾千列壮観。可知是一端。

  出土三十年,当鋤農爺曾飄然,試問他安全?

  闊歩可豪華。四頭銀驥牽函車,遙聞衆嘆嗟。

  在腰小砥石,文官袖手遠望何?身不負干戈。

 

 

詞 曲

     魚歌子・乙酉元旦   千葉県 田 旭翠
  景福先慶歳此新,豊容共賀四門賓。
  傾緑酒,祝青春,朱顔未老壽佳晨。

 

     十六字令・蒼     千葉県 高橋香雪
  蒼。碧海涛声向浩洋。人黙坐,晩浦水仙香。

 

   沁園春・邪加多男性合唱団遊揚州痩西湖  千葉県 今田莵庵
  湖畔郷人,傾耳妙歌,進到画舟。讃瀛州雅客,男声合唱,管弦不用,和律何柔。作団倭人,但歌南国,曾勤印尼懐古不。郷人悦,共歓迎熱演,歓楽楊州。
  爪哇在眼郷愁。炎熱沈,呼院落爽涼,仰簷前南斗,椰吹清気,沽声唱商,冷酒霑喉。五五三三,団員集結,忽起和声労不留。今遙去,嘆壮年往事,春盡揚州。

 

     蝶戀歌・寄日本棋友  東京都 金 中
  咫尺乾坤横縱道,盤正奩圓,K白棋児小。勝圍欣然輸亦惱,其中慈味知多少。
  此物常將人魅了,兩国相同,赤県和東島。他日与君当一較,紋□對坐誰棋好?  □=木+平

  (注)王安石≪咏棋≫詩曰:
"戰罷兩奩分白K,一□何處有虧成" □=木+平

 

     大〔酉甫〕・四時吟   東京都 石倉鮟鱇
  憶半生過,無功譽,只有醉魂游蕩。酣春頻探勝,入櫻雲山涌,正堪嘆賞。滿目皚皚,乗風片片,雪舞蒼穹晴朗。閑聽鶯巧囀,弄雅韵玲瓏,和酬謳唱。避盛夏驕陽,枕書涼蔭,午眠舒暢。
  清秋瞻月亮,念倩女,艷点花脣絳。是昨梦、嫦娥天降,陪酒稱揚,我才搖吻吟高尚。醒晩蛩鳴處、思蕭寂、老懷惆悵。欲排悶、誇洪量,凌寒冬飲,煖肚温臍開曠,呵筆裁詩縱放。

     金明池・四時如醉    東京都 石倉鮟鱇
  空老官途,人無功譽,乞骨歸山雲臥。春嘆賞、櫻雲盛涌,吐香雪繽紛花朶。抱芳壺、飲酒餐霞,還養浩、望眺連峰嵯峨。聽鶯語關關,暫調平仄,覓句搖脣酬和。
  盛夏游魂浮釣舸,看啄餌魚鱗,悠然將過。醒秋梦、茫然仰看,嫦娥艷、淡粧阿娜。別天地、月寡吾鰥,正腸斷人悲,艷情無那。忍冬夜嚴寒,白頭傾盞,撥旺心頭餘火。

    〔双調〕深醉東風・梦游天上   東京都 石倉鮟鱇
  對花貌春誇麗妝,有霜頭梦把霞觴。作羽人,游天上。聳吟肩搖脣放唱,試稱揚仙女回翔,妙舞星間颯爽。

   〔正宮〕醉太平・天上對酌  東京都 石倉鮟鱇
  梦豐羽毛,春飲仙桃,眼前天女笑容妖,共聽鳳簫。金壺白酒排煩惱,霜頭朱臉吟情調,紅脣青眼醉神交,開顔献肴。

 

 

言論筆譚


         走進日本漢詩界
    〜葛飾吟社代表理事今田述先生訪談録〜
                 陳 興

2004年11月15日(星期一)在日留学生旧体詩人陳興対葛飾吟社代表理事今田述先生進行了独家専訪。今田述先生1929年生于京都,第一美術協会会員,現代俳句協会会員、俳誌『陸』同人。

ni3=イ+尓:nin2=イ尓+心:me=ノ+ム:ne=口+尼
 ma=口+馬:na3=口+那:ba=口+巴:a1=口+阿

陳 :ni3好。
今田:ni3好。
陳 :在nin2百忙之中打擾nin2,真是抱歉。
今田:不要緊。
陳 :我知道,nin2是俳人,兼画家,什me時候開始写漢詩的ne?
今田:1994年開始的。
陳 :哦,那至今也有十年了,能堅持下来,可真不容易呀,作為漢詩時,会覚得有語言上的困難ma?
今田:当然有的,(笑)但要克服嘛,但我們達一代嘛,従小受中国古典文学的薫陶,学習大量漢文,以前在中学校,漢文是占国語教育四分之一的。
陳 :現在日本的漢文教育比重還這me大ma?
今田:現在的日本年経人対漢文是很陌生的,和中国一様,現代文是国語教育的重心。
陳 :我也深有感触,中国古文現在的年経一代読起来已経相当困難了。可喜的是,還有一部分的年経人還是很対古典詩詞感興趣的,好多人都是自学詩詞創作的。
今田:漢詩是一種需要個性的文学創作的,我最初也是自学漢文創作的,后来,我才加入葛飾吟社的主宰中山栄造先生原来是想開辯私塾的,現在已発展成一家有二十幾名会員的吟社。
陳 :真是不簡単,葛飾吟社的成長中,取的了na3些主要成績?
今田:這幾年来,葛飾吟社主要是和世界華人詩詞界進行交流探討短詩的創作。比如1997年,中日友好協会,中華詩詞学会,和葛飾吟社在北京政協会議庁成功挙辯了「中山栄造新短詩研討会」中山先生的新短詩引起了中国詩詞界的高度重視。
陳 :那是一種什me様的新短詩ne? 能不能簡単介紹一下ne?
今田:好的,主要是分為四類的。
一是曄歌,類似俳句。句的形式三字,四字,三字。比如会員高橋香雪女士的作品ba,「故郷茶,楚楚風情,秋桜花」,季語是必要的。
二是坤歌,類似川柳,句的形式也是三字,四字,三字,但内容需要表現的是世間諸事。比如会員田村星舟女士作品,「真不真,移住火星,地球人?」,
三是偲歌,句的形式是四字,四字,四字,三字。類字都都逸,要求写男女情愛,比如会員秋山北魚先生的作品,「去年夜話,相思不疑,今年独夢,暁起遅。」
四是瀛歌。句的形式是三字,四字,三字,四字,四字,類似短歌,要求写天地自然人事,比如会員秋山北魚先生的作品,「独銜杯,離君幾幾,独堪哀,葉随風落,花冒雨開。」
陳 :真是很有趣a1,如果能推廣開来就好了。
今田:是a1,宣伝的力量有限,所以還稀有人知ne,不達
葛飾吟社毎年都到中国旧体詩人的投稿和書信幾百年,這些中国詩友們好多是中華詩詞学会的会員,可以説。葛飾吟社和中華詩詞学会建立了深厚的友誼。
陳 :這将是詩史和中日文化交流史上前所未有的。据我所知,中華詩詞学会是成立于1987年,由中国作家協会主管,会長孫軼青是前国家文物局局長,会員有8000人各有省市都有分会的。葛飾吟社三度在北京和中華詩詞学会交流,能不能談談nin2対中華詩詞学会的印象ne?
今田:這可有点難了。印象談不上,知道中華詩詞学会很具有一性,這点,我作為現代俳句協会会員是相当羨慕的。
陳 :為什me ne?能不能説説看,日本俳句在組織方面的情況ne?
今田:日本的俳句写作者有1000万人的。
陳 :1000万人?!那是人口的十分之一了。真多a1。我国詩詞写作者估計不超達十万人ba。和十三億的人口相比之下,很稀少的,那me日本有没有類似中華詩詞学会的組織ne?
今田:没有的。日本俳句界四大組織的,実行会員制。各自公開発行会刊,比如国際俳句交流協会,現代俳句協会,俳人協会,伝統俳句協会。
陳 :就近的這次「2004年中日短詩研討会」主要探討了什me話題ne? 中国方面有ba些人出席ne? 能不能談談ne?
今田:可以的。中方主要有中華詩詞学会会長孫軼青先生,前文化部副部長的劉徳有先生、中国書法家協会副会長的林岫女士、中日詩歌比較研究会副会長鄭民欽先生、国務院管理局高級会計師兼澄霞社理事長的李仲玉先生、北京大学中日詩歌研究会副会長的紀鵬先生、北京陶然書画院副院長的李克英先生等24名出席,前中日友好協会副会長,中国作家協会理事林林先生因年事已萬,未能出席。
但這次葛飾吟社会員合同詩集「梨雲一邑」還是得到了林林先生的題詞的。他題写道「秋涼須温暖,親善結詩縁。」
陳 :「秋涼須温暖,親善結詩縁。」真是出手不凡a1。
今田:研討会重点探討了「短詩」的数字定位問題,很有趣的一字討論,林岫女士提出応該是在50字以内的詩詞作品才算的上「短詩」那me,「中山栄造先生的新短詩」「漢俳」「五言絶句」「七言絶句」「五言律詩」還有詞
中的一些小令,如「江南好」「長相思」等,后来有覚得,応該是40字正好五言律詩是40字,這様56字的七言律詩就排除在短詩之他了。可惜,七律在中国是相当受歓迎的一種詩体,得出了「短詩40字以下」論。
陳 :那me短詩有na3些有優点ne?
今田:短詩,在現代繁忙的社会里,言短而意無究,容易記,可以背通,容易交流,可以増進友誼,這些可能就是其優点na3。
陳 :那me今后還有没有第四次,第五次的中日短詩研討会ne?
今田:決定三年一次的。比如説1997年的「中山栄造新短詩研討会」,2000年的「迎接新世紀中日短詩研討会」2003年因SARS的影響而推后,才迎来2004年的「2004年中日短詩研討会」。
陳 :三次都是在北京。下次有在東京挙辯的可能ma?
今田:這也是葛飾吟社所期待的事a1。但願可以在東京接待中国的詩詞界的朋友。這也不是不可能的事嘛,据鄭民欽先生説,有的詩人想自費来日本訪問。
陳 :好了。非常感謝今田先生接受的採訪、在nin2百忙之中作此打擾,感到万分歉意,也祝願葛飾吟社有進一歩的発展。
今田:謝謝


日本の漢詩世界を歩む
  〜葛吟社代表理事今田述氏へのインタビュー〜

  日 時  2004年11月15日(月曜日)  
  対談者  今田 述(葛飾吟社代表理事、第一美術協会会員、現代俳句協会会員)

  インタビュアー 陳 興(在日留学生漢詩人)

陳 :こんにちは!

今田:こんにちは!

陳 :大変お忙しい中、時間を頂きまして、すみません。

今田:いいですよ。

陳 :今田さんは俳人で画家でもあることは知っていますが、漢詩をいつからお書きになられたんですか。

今田:1994年からです。

陳 :十年経ったわけですね。ここまで頑張れたことはすばらしいことです。外国人として漢詩を書くにあたって、言葉にはご苦労がありましたか。

今田:もちろんありましたよ。(笑)でも私達の世代は、幼いころから中国の古典文学にふれることがあり、学校でも漢文を習いました。一昔前は漢文の時間が中学の国語教育の四分の一ほど占めてました。

陳 :現在はどれくらいの割合を占めてますか。

今田:現在の若者は漢文を習う機会はありません。中国もそうだと思いますが、現代文が国語教育の中心です。

陳 :そう、この点中国も同じです。中国の若者にとっては、古文(漢文)は分かり辛いものです。それでも良いことは、一部の若者が古典詩詞に興味を持ち、独学で詩詞を創作し続けていることです。

今田:漢詩の創作はとても個性的なことです。わたしも独学で漢詩の創作を始めました。サラリーマン生活に終止符を打ったとき、松戸の地方新聞で葛飾吟社を知り参加させてもらいました。葛飾吟社の主宰中山栄造先生は私塾を開いていましたが、今では会員二十人の吟社まで発展しました。

陳 :それはなかなかできないことですね。いまの葛飾吟社まで成長の中、どんなことがあったのですか。

今田:この数年来、葛飾吟社は世界各地の華人詩詞界と交流を深め、短詩創作の研究に力を入れて来ました。その始まりは1997年、中日友好協会、中華詩詞学会と共催で北京の政治協商会議庁で「中山栄造新短詩研討会」でした。このイベントで中山先生の新短詩は中国の詩詞界の注目を浴びました。

陳 :中山新短詩について、教えていただけませんか。

今田:はい。四種類ありまして、
第一は曄歌で日本の俳句に相当します。構成は三字、四字、三字です。合同詩集の中の高橋香雪さんの作品「故郷茶、楚々風情、秋桜花」がそうです。季語は必要です。

第二の坤歌は川柳に相当します。構成は三字、四字、三字と同じですが、内容は世間のことをユーモアで表現します。田村星舟さんの作品「真不真、移住火星、地球人」がそうです。

第三は偲歌で都都逸に相当します。構成は四字、四字、四字、三字で必ず男女の愛を歌います。秋山北魚さんの作品「去年夜話、相思不疑、今年独夢、暁起遅」がそうです。

第四は瀛歌で短歌に相当します。天地自然や人事を詠みます。秋山北魚さんの作品「独銜杯。離君幾幾,.独堪哀。葉随風落,花冒雨開。」がそうで、構成は三字、四字、三字、四字、四字です。

陳 :とても面白いですね。もっと広げることができればいいですね。

今田:そうですね。もっと宣伝したいですが、力不足で、まだまだ知る方が少ないです。でも葛飾吟社には毎年数百通の中国旧体詩人からの投稿や手紙が来ています。その間多くの人は中華詩詞学会の会員です。葛飾吟社と中華詩詞学会との間に真の友好関係ができたともいえると思います。

陳 :これは詩史と中日文化交流史においでは前代未聞の出来事です。私が知っている限りでは、中華詩詞学会は1987年に成立し、中国作家協会に所属しています。
 会長の孫軼青さんは前の国家文物局局長です。会員数は約8000人で、各省市には支会があります。葛飾吟社はもう三回も北京で中華詩詞学会会員と交流を深めて来ましたが、中華詩詞学会についてどんな印象がありますか。

今田:難しい質問ですね。印象でもいいですか。中国の詩詞界は中華詩詞学会という上部団体が統一されている点うらやましいです。日本では俳句協会がいくつにも別れていて、どう違うか質問を受けても簡単に説明できない。

陳 :そうですか。日本俳句界の構造について、お話を願えませんか。

今田:日本の俳句人口は約1000万にといわれています。

陳 :1000万?!それだと人口の十分の一ではありませんか。とても多いですね。わが国の詩詞人口は多分十万人をも超えたことがないでしょう。13億の総人口から見れば、稀少だと言ってもいいくらいです。そしたら、日本には中国詩詞学会ような組織はありますか。

今田:ありません。日本俳句界には会員制の四つの協会があります。国際俳句交流協会、現代俳句協会、俳人協会、伝統俳句協会で、それぞれ機関誌を発行しています。

陳 :この間の「2004年中日短詩研討会」ではどう言った内容が中心に議論されましたか。中国側は、どなたが出席したかについて、お話していただけませんか。

今田:はい。今回は中国詩詞学会会長の孫軼青先生、前の文化部副部長の劉徳有先生、中国書法家協会副会長の林岫女士、中日詩歌比較研究会副会長鄭民欽先生、国務院管理局高級会計師兼澄霞社理事長の李仲玉先生、北京大学中日詩歌研究会副会長の紀鵬先生、北京陶然書画院副院長の李克英先生等計24名の方が出席されました。中国側のホスト役を毎回やってくださった前の中日友好協会副会長の林林先生はご高齢のため出席されませんでしたが、葛飾吟社の合同詩集『梨雲一邑』のために「秋凉須温暖, 親善結詩縁。」の揮毫を頂きました。

陳 :林林さんの「秋凉須温暖、親善結詩縁。」はさすがですね。

今田:今回の検討会では「短詩」の文字数の設定について討議がありました。面白い論議でした。林岫女士は50字以内の詩詞の作品を短詩と提案しました。中山栄造新短詩は勿論、漢俳、五絶、七絶、五律は皆含まれます。詞の中の小令、たとえば、「江南好」、「長相思」などは含まれます。これに対して林林先生は40字を提案されたそうです。五言律詩はちょうど40字ですね。しかし56字の七言律詩は含まれないことになります。七律は中国では相当好かれている重要な詩体です。短詩を40字以内と結論つけられるでしょうか。

陳 :短詩はどんなメリットがありますか。

今田:短詩は現在忙し過ぎる社会に置いては、読みやすく、言葉が短いわりに、奥が深い。覚えやすくて暗記できるから、交流に楽です。友情を深めることもできます。多分それらはその長所と思います。

陳 :今後、第4回、第5回中日短詩研討会が開かれる予定ありますか。

今田:3年1回ということになっています。1997年のは「中山栄造新短詩研討会」、2000年の「迎接新世紀中日短詩研討会」、次の2003年はSARSの流行で延期され「2004年中日短詩研討会」となりました。

陳 :3回は全部北京で開かれました。次回は東京で開くことも考えられますか。
今田:東京で中国の詩詞界の友人を迎えられることを期待しています。鄭民欽先生のお話では、自分たちのお金で日本を訪問したいという詩詞人の話が出始めているそうです。

陳 :お忙しい中、インターピューをさせていただき有難うございました。葛飾吟社がますます発展するように願っております。

今田:こちらこそ、ありがどうございました。

翻訳:陳緯方先生 



吟社の窗

▼新年おめでとうございます。

▼昨年は経済は希望が出て来たと思ったら、後半一頓挫でした。国際問題はイラクと北朝鮮に象徴されるように方向が見いだせず、その上台風・地震と。災難続き。そして、年末スマトラ沖の大地震と津波。インドネシアはもとより、プーケット島、モルジブとも曾つて足を染めた海岸なので、ただ茫然と報道を聞くばかりでした。本当にあまり良い記憶がない年でした。新年は酉年。国際的にも国内も飛躍の年であってほしいですね。ささやかながら詩詞を通じての国際交流も一層の発展を目指したいと思います。皆様の健吟をお祈りいたします。

▼建築家の磯崎新さんは七年前深◇コミュニケーション・センターの設計コンクールに優勝し、その建設の最終段階をテレビが報じていました。コンサートホールとイベントホールを真ん中で結んだ設計で金楼・銀厦となるとのこと。「折角だから中央を銅にしたら」と提案したら、「銅なんて発想はない。金と銀は對だ。」といわれたそうです。「字に想いを湧かす国ですから」と語っていました。磯崎さんによると、このところ日本人は国際コンクールに入選しなくなったとのこと。中国では文革後十万人の建築志望者がアメリカに行きディズニーランドタイプを勉強したそうです。ディズニーランド建築の発想は、ギリシャローマからロマネスク、ゴシックという西洋建築史を展望し、そのどこかからヒントを得るというもので、もう種は尽きたとのことでした。次は個性ある建築家がブランドを確立するブランド時代が来る。従ってイメージや詩情の枯渇は恐ろしいそうです。◇=土+川。

▼陳興さんから「走進日本漢詩界」と題するインタビューを受けました。原稿を見たいと頼んでおいたら中文・和文両方を届けて呉れました。中国人にも日本人にも葛飾吟社を紹介するのに便利だし、北京語の勉強にも役立つかと思います。陳興さんは妹さんの結婚式のため、年末発って故郷の福州へ行ってくるそうです。もう一人妹さんがいるとのこと。一人っ子政策の中国では例外的なご家庭らしいです。

▼本年は日本海海戦百周年に当たります。『梨雲』十一月号に松江の銘菓子舗風流堂四代目内藤守さんが、二代目の「日本海」を復刻した話を七律にして載せました。

 私の詩を大変気に入って呉れ、社長のご好意で、新年例会に「日本海」をお送り頂けるとのことです。会員諸兄と賞味できることを楽しみにしています。(莵)

 

 

漢詩詞同人誌17年一月号完


二月号

漢 俳

   漢俳縁起八首 千葉県 今田莵庵
  和風起漢俳。交流四半世紀過,趙翁壮図諧。

  詩作倣唐人。芭蕉也歩李杜庭,回声故郷春。

  入港白巨船。林林献呈一束花,句碑故人眠。

  李芒謦咳温。白髪校正原稿上,不語翻訳煩。

  白堤放風箏。蕉翁魄今碧空上,追慕西施情。

  先人学俳壇,蘇山人也葛祖蘭。百歳沃心丹。

  中日短詩競,漢俳俳句意不同。十七節音同。

  俳人千萬人。漢俳学会拓未来,可加交誼輪。

 

     四 首(新韵)   東京都 石倉鮟鱇
  凝神五七五。具有擬唐平仄處,漢俳堪尚古。

  暫凝神尚古,填三句、新爲俳譜。我有舌堪鼓。

  弄山水如圖,制新曲、醉臉更朱。花間尽酒壺。

  凝神五七五,山櫻花底舌堪鼓。風人和鶯語。

 

     偶 成       東京都 齋 游子
  何限此餘生?野翁曳杖雲水行,讀書革新情。

 

     詠梅十八首     東京都 石倉鮟鱇
  庭梅映晩霞。凌寒老骨立花下,芳香誘酒家。(一麻)

  凌寒酒足酌。佳哉雪後梅如火,庭前詩降魔。(二波)

  梅開春色奢。乗興風人試酬和,鶯語有喉舌。(三歌)

  庭梅綴玉柯。凌寒白首出茅舎,黄鶯迎唱歌。(三歌)

  院落月光斜。星星綴玉輝如雪,梅影夜瑩潔。(四皆)

  迎春養病時。獨賞瓶梅誇艷姿,人痩得新詩。(五支)

  早春詩景宜。池頭停杖醉香氣,賞梅題雪肌。(七斉)

  庭前對老梅。相競白頭醉吟味,黄鳥戀夕暉。(八微)

  芳梅院落開。好也花精無粉黛,野叟有詩才。(九開)

  庭梅綴玉珠。笑對雪肌輝滿目,花心無点汚。(十姑)

  院落好風徐。人醉暗香聞鳥語,吟情生路隅。(11魚)

  訪梅吟不休。不嘆無錢偏信口,覓句暫消憂。(12侯)

  香氣籠春宵。無奈梅開人更老,壺淺酒將消。(13豪)

  疎影兩堪看。庭前白首伴紅顔,黄鶯出碧山。(14寒)

  携壺坐淺春。賞梅花下搖吟吻,醉中爲主賓。(15痕)

  家土有風光。好日尋梅曳吟杖,翻袖遶池塘。(16唐)

  賞梅吟志輕。乗興聳肩爭鳥性,覓句和鶯声。(17庚)

  賞梅瞻碧空。我有詩才誇諷咏,醉魂忘困窮。(18東)

     四 首       東京都 石倉鮟鱇
  風暖透春衣。櫻林滿目飛花舞,悦耳老鶯啼。

  青雲湧碧空。涼蔭讀書人尚古,游魂梦枕肱。

  中峰收落暉。月照寒齋老殘坐,幽庭蛩語悲。

  寒夜酒功微。風遶白屋紅葉舞,K天銀雪飛。

 

 

曄歌・坤歌・偲歌

     曄歌翻作  俳句 中国北京  李 佩雲
           曄歌 日本千葉県 高橋香雪

  這箇俳句是2004年的夏天李佩雲女士杭州寧波普陀山旅行的時候的作品。

  夏空や新たな塔の西湖畔
  朱夏天。再建新塔,西湖畔。

  見下ろせば盆景の如き夏西湖
  立山嶺。同様盆景,夏西湖。

  夏廣野新宅一面農家かな
  夏廣野。新築囘頭,都農家。

  群青に見え隠れする大観音
  群青樹。忽隠忽現,大観音。

  涛声の轟く亭に涼みけり
  海辺亭。轟鳴涛聲,涼一叢。

 

     曄歌・春五首    東京都 田村星舟
  響沙沙。新舊逐時,舞雪花。

  有流鶯。慷慨交生,吟不成。

  鳥聲頻。煙色春帰,憶故人。

  苦吟頻。凍硯筆鋒,菲才身。

  春一枝。窗外光陰,多所思。

 

     曄歌・三 首    東京都 石塚梨雲
  好容姿。青春気魄,早梅披。

  雪粧晨。二月梅林,鶯作賓。

  満堂春。富貴延年,情最真。

 

     曄歌・七 首    東京都 石倉鮟鱇
  淑景佳。花,如圖畫,繞人家。(普通話韵一麻)

  念南無。佛,生花朶,減金箔。(二波)

  梦嫦娥。歌,迎醉客,睡星河。(三歌)

  思無邪。蝶,紛花雪,醉風斜。(四皆)

  老草庵。寒,吟取暖,無酒錢。(十四寒)

  坐蒼巖。山,黄鶯囀,碧落寛。(十四寒)

  人化鶯。声,誇鳥性,唱春情。(十七庚)

    今年一月我咏了一個个月一千多首用佩文詩韵的曄歌,茲抄録二十首  東京都 石倉鮟鱇
  求句来。古寺芳梅,花未開。

  買野梅。似厭俗園,花未催。

  酒三觴。幽居憶昔,拝年忙。

  花下舟。閑吟數刻,忘千憂。

  入佳辰。年計洋洋,亦一新。

  生有涯。酒客酣歌,爭看花。

  百花春。山寺幽尋,多麗人。

  養痾時。興在瓶梅,春一枝。

  綺羅塵。不厭吟行,絵麗春。

  午風輕。千紅萬紫,一流鶯。

  跡已陳。花明山寺,綺羅塵。

  老大身。分路探梅,別美人。

  雨催花。詩客不来,情亦加。

  俗人家。小院疎梅,意外嘉。

  一灯知。人憶花顔,改旧詩。

  醉吟時。被鶯酬和,興尤奇。

  又薄情。探勝客中,多雨声。

  向艷陽。吟花拈句,爲誰忙。

  鳥声頻。閑官解綬,落花晨。

  訪梅村。聽雨甘眠,葬醉魂。

     坤歌・二首    東京都 石倉鮟鱇
  仰星明。吸烟人有,一家庭。

  醉中聽,人讀茶経。酒易醒。

 

     偲歌・四首    千葉県 秋山北魚
  双琴相隔,更無如何。寒風瑟瑟,飲酥酪。

  空閨窗帳,惟待君歸。何処遠吠,隔窗微。

  別離誘泪,獨繍寒衣。窗前小蕾,帯斜暉。

  憂明春事,懐昨夜情。鵬程一刻,任人評。

 

     偲歌・四 首   東京都 石倉鮟鱇
  空階夜雨,清曉梅花。斷雲歸處,映紅霞。

  門掩殘寒,梅開清曉。山,梦魂安,鶯語好。

  飛天銀月,滿院青苔。游魂白首,醉紫台。

  百花無跡,一日讀書。感涙沾衣,好風徐。

  淺春詩味,深院玉梅。風人如醉,雪君陪。

  一簾微雨,一脈閑愁。思君無語,憶曾游。

  讀詩恍坐,懷旧淺酌。游魂落落,醉娑娑。

  賢愚對飲,物我相忘。花間安分,醉春光。

 

 

     新年感世情所懐   神奈川県 萩原艸禾
  当然的事必須説的,這箇現実非常辣!
  酉年已七度,白首未爲眞。
  欲説尋常事,恣情勿殺人。

    有了印度洋巨大海嘯的壊消息我再悲  神奈川県 萩原艸禾
  海裂山波十里摧,怒潮轉瞬蓋天來。
  災年茲極由何罪,緬望南溟棺槨堆。

     葱畝偶成      神奈川県 萩原艸禾
  筒葉風暖緑自堰C肥茎霜落白於銀。
  莫言培植如余事,燔炙慇懃甘旨珍。

 

    "源頼朝"墓     神奈川県 橋子沖
  落楓風舞晩秋辰,散策古都情亦純。
  探訪英雄人跡遍,苔生石塔菊萎貧。

    "北條政子"墓    神奈川県 橋子沖
  女傑一声千里馳,"北條"鎌府瑞運披。
  風悲三代"源"回顧,孤影残碑菊一枝。

    "川崎大師"公園内"瀋秀園"  神奈川県 橋子沖
  皇帝黄甍四壁煌,回廊小径古仙郷。
  老朋不語斜陽浴,紅葉黄楡風入□。 □=風+昜

     師走舞踏会     神奈川県 橋子沖
  朋友満堂凝麗粧,楽調軽快菊花香。
  喧騒眼下風波冷,恍惚一時百事忘。

    "寒川神社"     神奈川県 橋子沖
  "相模"原野水郷辺,千古樹林神域妍。
  祈拝老朋千里念,遊児巫女落楓纏。

    "七五三"祝     神奈川県 橋子沖
  霜月発冷鬼宿晨,清相神域菊花堰B
  幼齢紐落成長願,晴着和装万象新。
   注:女子紐落は七歳

    "川崎大師"     神奈川県 橋子沖
  晩秋紅葉広園濡,境内伽藍不受汚。
  老若盛装尊信仰,門前活況逞商魂。

 

    漓江周遊         東京都 田村星舟
  峻峭千峰烟靄収,沿邊萬緑竹林周。
  江心操棹獨漁叟,夕渚寥寥誰叱牛。

    眺望長江之蟹島    東京都 田村星舟
  江上涼風千里翔,早朝來佇渾流傍。
  遙看縹渺崇明島,日日時時肥蟹忙。

    スマトラ
    蘇門答臘沖地震    東京都 田村星舟
  白晝波咆沿岸村,人家一瞬壊崩痕。
  我曾不識斯凄惨,惟恨明年緑満軒。

 

     伴佳人賞櫻花(重韵体) 東京都 石倉鮟鱇
  勝境櫻明清興催,鶯鳴靜徑正声回。
  佯狂放唱揚觴養,妄想双翔當忘歸。(普韵微)

     吃晩飯之中接報道  東京都 石倉鮟鱇
  驚聽電視報新聞,海怒鯨呑十萬人。
  暫愧哀詩自無力,充飢重椀又天眞。

     題米勒"晩鐘"   東京都 石倉鮟鱇
  画家不絵晩鐘声,但見夫妻祈祷情。
  恰似天恩凝夕氣,田園嚴肅映光明。

 

     新年言志      東京都 齋 游子
  四海歳新多難中,草堂閑酌太平翁。
  何須壯語迂生志,好酒敲詩慕古風。

     詠印度洋"津波"  東京都 齋 游子
  怒濤威力正空前,南海沙灘椰子天。
  破屋呑人侵萬物,鮫鯨可畏百災年。

     琵琶魚(和名鮟鱇) 東京都 齋 游子
 "鮟鱇"魁偉無辱名,夥垂涎涕教我驚。
  半疑肝臓珍味噂, 滑稽好事偏執情!

     歳末掃除      東京都 齋 游子
  掃除茅屋將歳殫,拭淨玻璃天地寛。
  翁嫗互嗤遲鈍處,午暄俄減晩霞寒。

   倣詩經魏風"硯鼠"之意 東京都 齋 游子
  狐鼠古今巣廟堂,跳梁跋扈不尋常。
  盗租貪穀未知飽,百姓厭關深處藏。

   歡寒山拾得畫追懷先師  東京都 齋 游子
  仙學閑行鴨水涯,曾描隱者倣仙香B
  遙懷教授參禪士,世我和君随意儕。

  (注)先師亡淡川康一先生,元京都大学教授,研究仙腰a尚,自執南畫之筆。鴨水:京都鴨川十二月八日冬天温暖   東京都 齋 游子
  陽光可愛暖冬天,半落紅楓燦燦鮮。
  掩巻青春戰爭日,拈詩白首泰平年。

 

     江南水郷旅情    東京都 池田耕堂
     一 西塘鎮(淅江省嘉善縣)
  越河過沼訪"西塘",千歳古街幽趣長。
  屋比石橋多韵致,"廊棚"映水好風光。

     二 周莊鎮(江蘇省昆山市)
  千年古鎮少人知,旧套街衢今尚欹。
  水閣石橋情緒在,"湖中佛國"亦幽奇。

     三 □直鎮(江蘇省蘇州東郊)    □=角-ク+ノ
  一角神容護街巷,二千余歳看昇平。
  幾多遺構猶如旧,七十二橋殊有情。

     四 蘇州夜望(蘇州市外城河)
  古都行暮彩雲生,楼閣画橋灯飾明。
  游艇縱容巡水路,月華清絶動詩情。

     五 登虎丘(蘇州市城外北)
  呉王墓苑錦楓稠,斜塔厳然聳古丘。
  流転美妃何処在,姑蘇城外思悠悠。

     六 同里鎮(江蘇省呉江市)
  白壁民家臨運河,"三橋"招福万人和。
  "二堂"豪壮添風趣,小苑精巧勝概多。

    (注)三橋:太平橋,吉利橋,長慶橋。
      二堂:崇本堂,嘉萌堂。

     七 拙政園(蘇州市城内東北街)
  明代名園樹影稠,堂宇映水興偏幽。
  蓮花香散迎清夏,楓葉色添妝晩秋。
  美味酒肴存紹興,絶佳庭苑在蘇州。
  今猶夢遶池辺径,古典園林思未休。

     八 重訪寒山寺(蘇州市城外楓橋鎮)
  江南名刹亦重過,堂塔再興如"爛柯"。
  外界店舗遊客簇,鐘声陸続奈愁何。

   (注)爛柯:中国の浦島太郎

     九 天平山(蘇州市西郊天霊風景区)
  紅楓映水競秋妍,奇怪岩山別興牽。
  范氏廟堂稀客識,依然楼閣傍林泉。

    (注)范氏:范仲淹とその一族

 

     東京湾渡輪   千葉県 高橋香雪
  新正四日渡太洋,海上波濤十里強。
  上下船揺元気減,船員甲板作平常。
  (注)渡輪:フェリー

 

 歌舞伎座正月染五郎演操三番叟  千葉県 今田莵庵
  三番叟劇祝新春,冠者垂糸木偶循。
  手足如想揺左右,何知此役演依人?

    十二月二十六日"印尼蘇門答臘島亜齊"沖大地震発生,大海嘯来襲。印度洋周辺十国死者不明数三十萬
       千葉県 今田莵庵
  海嘯奔騰印度洋,周辺十国害災強。
  喪親孤独孩児寂,失子凄然老母猖。
  元是西人游波処,唯群椰樹謳風郷。
  東京湾岸年頭静,遙遠平安翳手望。

 (注)印尼:Indonesia 蘇門答臘:Sumatra
    亜齊:Ache

Emily Beynon 嬢長笛演奏"武満徹"楽曲(N響定期)  千葉県 今田莵庵
  長笛翻銀生妙音,裸肩拈体色香深。
  朱唇送息幽情響,白指押鍵仙境侵。
  何処迎来威□士。誰疑誘導大群琴。
  洋風弦管倭人曲,喝采同驚聴衆心。

 (注)威□士:Wales □=勹+小。

     松江菓舗"風流堂"二題  千葉県 今田莵庵
      乙酉葛飾吟社新年会賞味"風流堂"銘菓「日本海」瀉湯浮上日俄両国旗。
  瀉湯甜菓両旗開,鳩首騒人叫快哉。
  才媛装丁新擬古,風流回顧百年魁。

      戯詠用風流堂菓名
  "山川""若草""咏橋"頭,"宍道湖"辺"朝汐"柔。
  "呼子鳥"鳴"秋鹿"応,"路芝""和竹"是"風流"。

      "鎌倉"露座大仏         千葉県 今田莵庵
  鎌倉大仏旧居然,露座如何柳眼憐。
  曾在伽藍蒙海嘯,今人不識住周辺。

 

 

       望海潮・印度洋      千葉県 今田莵庵
  亭亭椰樹,重重旱傘,珊瑚環礁散浪。妖女泳衣,娟娟耿耿,爽◇麦酒沈腸。帆布睡椅煌。印度洋留客,水上羈荘。日夜微風 熱帯幾泊杞憂忘。  ◇=シ+令。
  突如海嘯洪荒。撃萬里遠海,十国他郷。濤波嚥人,潮流壊屋,不知災害尋常。十六萬人亡。喪母夭児怛,失息親猖。幾歳元濱復見? 憶昔唯深慷。
(注)旱傘:parasol 帆布睡椅:deck chair

 

   菩薩蛮・夜梅       千葉県 田 旭翠
        其一
  黄昏花發春回早,香魂有約含羞好。深意有誰知,怯寒氷艶肌。
  花顔猶愛酔,携手三更睡。情致絳唇寒,夢醒知夜闌。

        其二
  催詩幾度幽香吐,当年一点春寒賦。微暖解香包,老梅春半梢。
  旧歓新結夢,緑鬢紅粧弄。朝旭到茅盧,暗香暄気扶。

 

     十六字令・詠梅四首    東京都 石倉鮟鱇
  梅,白髪瓊姿舞袖垂。飄香氣,倒影鏡池輝。(普韵八微)

  梅,紅袖翻如勸酒杯。春風遶,午飲暖寒灰。(普韵八微)

  梅,映水瓊姿綴玉輝。聞香氣,人醉午風微。(普韵八微)

  梅,吐雪霏霏映落暉。聞鐘語,孤影立山隈。(普韵八微)

    [正宮]醉太平・賞櫻花吟句 七首        東京都 石倉鮟鱇
  櫻雲盛涌,野叟疏慵,醺然傾盞醉柔風,笑隔市鬨。閑聽鶯語誇清哢,試搖脣吻將高詠,仰瞻香雪舞當終,惜春詩未工。

  醇醪不妨,野叟將狂,醺然排悶鼓詩腸,作詩四行。搖脣酬和鶯清唱,擬唐諷詠情奔放,乗風飄舞雪幽芳,櫻堪嘆賞。

  花誇艷姿,酒促佳詩,霜頭覓句弄華辞,游魂廢弛。櫻雲盛涌圍山寺,春光爛漫煽吟志,谷鶯清囀競天資,高鳴不止。

  塗中曳尾,花底傾杯,我無功譽有霜眉,吟魂未衰。櫻雲飛雪鶯乗勢,春風拂面人逃世,白頭搖吻句言奇,餐霞忘歸。

  酒家散官,殿裡權官,花間誑病是何官,探春裕寛? 櫻雲飛雪天空亂,霜頭覓句詩才短,春鶯渡谷善声完,嚶鳴翠巒。

  醉梦逢女仙,梦醉坐芳筵,風柔花底酒中天,笑容艷然。櫻雲飛雪柔風巻,霜頭覓句流鶯囀,玉人振羽半空懸,散官春惰眠。

  酒家散官,殿裡權官,花間誑病是何官,探春裕寛? 櫻雲飛雪天空亂,霜頭覓句詩才短,春鶯渡谷善声完,嚶鳴翠巒。

 

 

言論筆譚

              漢俳学会の設立       今田 述

一、漢俳学会独立の意味を考える

 中国人民対外友好協会は、来る三月二十三日中国の正式な国家機関として、漢俳学会が発足することを報じ、俳句四団体や葛飾吟社の代表者を招待することを伝えて来た。学会の名誉会長には林林先生(中日友好協会副会長)、会長には劉徳有先生(中国対外文化交流協会副会長)が就任する。

 漢俳は五・七・五の十七字で綴る三行詩であり、何百とある中国の詩詞の一形式である。詩は五言や七言の絶句や律詩のごとく同じ長さの句を連ねて詠む古典詩の形式である。詞は数百もあるといわれる詞牌に嵌めて詠むので填詞ともいわれる古典詞の形式である。前者は唐代に後者は宋代に完成を見たので、世に唐詩・宋詞といわれる。漢俳を短い詞の一種と見ることも出来る。しかし林岫女史は五言絶句の一句を削り、中央句を七字に仕立てて、そのプロセスを披露してみせた。

 いずれにせよ詩と詞は中国国民詩の両輪であり、これを支援普及するため文革後の七十年代末に中華詩詞学会が設立された。これに対しこの度漢俳学会が新に設立されることになったが、漢俳学会を独立させる意味は何処にあるのだろか。
 
二、俳句との関係。

 漢俳の誕生は一九八〇年である。日本の俳句訪中団(団長大野林火)を迎えた歓迎会席上、故趙樸初翁によって詠まれた次の一首に始まったことは知られている。

 緑陰今雨来。 緑陰 今雨来る,
 山花枝接海花開, 山花の枝 海花に接して開く,
 和風起漢俳。 和風 漢俳を起す。 (趙樸初)

 それから四半世紀が過ぎた。十年ほど前から中華詩詞学会とは別に漢俳学会を設立しようという動きがあった。二十世紀末相次いで亡くなられた趙樸初、李芒両先生、それに今回領導を勤められる林林先生はじめ諸先生方の熱心なご尽力の結果、新学会は誕生することになったのである。

三、日本俳壇の対応

 一九八〇年の俳句代表団訪中以降、日本俳壇の中国詩壇訪問が盛んになった。九〇年代に入ると、漢俳と俳句を共載するアンソロジー発行が目立つようになる。最も代表的なのは現代俳句協会が一九九三年、一九九七年の二回にわたって刊行した『現代俳句漢俳作品選集』であろう。これを見ると俳句は李芒先生らが漢訳しているが、形式は漢俳にとらわれていない。漢俳形式はむしろ例外的である。逆に漢俳の日訳は無理矢理俳句にしているため必ずしも原詩の意を伝えていない。漢俳と俳句の情報量は異なり漢俳=俳句という方程式には無理がある。この間の中国詩壇と日本の俳壇を見ると、中国人が俳句を詠むケースはあるが、俳人が漢俳を詠むケースは現れなかった。このような中途半端な交流は次第に飽きられたのか、最近は交流がやや下火になった感があった。むしろ漢俳の存在を短詩として捉えた葛飾吟社のような結社が漢俳を詠むようになっていった。

四、漢俳と俳句の共通点。

 多くの俳人は「漢俳は情報量が多いから俳句と似ていない」として興味を示さない。漢俳に対する正しい認識が欠けていたように思われる。漢俳は俳句でないとしたら、類似点は何処にあるのであろうか?情報量からいえば、漢字十七字は俳句を遙かに越え、むしろ短歌に近い。実は俳句は十七文字ではなく十七音節なのである。そして漢俳も又北京語でこれを朗読する限り十七音節である。つまり俳句と漢俳が共通するのはリズムであって意味ではない。漢俳は「俳句と同じリズム、短歌に近い情報量」を持つ短詩といっていい。子規のように短歌も俳句も漢詩も書いた人なら、この性格にすぐ気づいた筈である。今日の日本の短詩界は極端に分業が進みすぎて、大きな視野で漢俳を短詩としての捉えることが出来なくなってしまっている。

五、文芸史上から見た漢俳。

 古代日本人は文字を持たなかった。最初に接した文字が漢字であった。日本人は漢字を輸入して日本語の記録に応用した。爾来日本の詩歌文芸は千数百年にわたり常に中国古典詩詞を師と仰いで来た。現存する日本最古の詩集は『懐風藻』であって、『万葉集』より二十年ほど前に編纂されたと考えられている。これが後の民族歌集『万葉集』の編纂に大きなインパクトを与えたことは疑う余地がない。和歌の最初の勅撰集『古今和歌集』には真名序と仮名序がある。仮名序は漢文の真名序の詩論に追随して書かれている。江戸時代に入ると庶民の詩歌文芸として俳諧を確立した。その完成者は芭蕉であるが、彼もまた唐宋の詩文を深く研究・洞察してこれを俳諧の元肥とした。

両国の長い文芸交流史の中で、中国は常に師であり、日本の文芸が中国に影響したのは漢俳が最初のケースである。

六、現代にマッチする詩形は何か。

 文革後の中国詩壇は新時代に相応しい詩詞を模索していた。或る意味で日本が西欧思潮を取り入れた明治二十年代頃に似ているかも知れない。日本では上田敏らがカナ混じり文で欧米詩を翻訳し、ついでカナ混じり文で詩が書かれるようになった。島崎藤村の『若菜集』が世に出たのは明治40年(1907年)のことである。そしてこれを「詩」と呼び、従来の漢字で書いていた「詩」を「漢詩」と呼ぶようになった。

 中国で現代文芸思潮が発達したのは、魯迅らが活動した五四運動(1919年)前後からである。日本のカナのような表音文字を持たない中国語は、現代の感情表現に相応しいモードを詩形を求めるしかない。日本の明治時代以前に俳句が国民短詩として詠まれていたことは、日本に関わりを持った中国短詩人の関心を惹いた。来日して直接子規に師事した蘇山人以来、俳句の研究は営々と続けられて来た。日中戦争の間にも葛祖蘭のごとく実作や研究を続けた俳人がいたことは驚異に値する。趙樸初翁が即興で漢俳を詠んだのは、実は決して偶然ではなかった。長い研究の過程があったのである。

 漢俳は最近の十年ほどの実験段階を経て、現代中国の国民短詩として確信が持たれるようになった。形態は伝統詩の系譜から見ても定着し易く、多様化する現代的センスにもマッチすることが体験から実証されたといえよう。

七、漢俳は発展するか。

 今後、漢俳に期待する要素が二つ考えられる。その第一は中国の中での普及である。漢俳は古典詩に較べて平仄や粘体といった制約は少ない。古典詩が詠めない人でも容易に作れる。二十世紀の大詩人の一人である毛沢東は、かねがね古典詩は人民には難しすぎると語っていたという。漢俳が誕生したのを機に、これを日本の俳句のような国民文芸として定着させたいというのが漢俳学会設立に到った最大の目的であろう。

 第二は漢字文化圏との国際交流である。ベトナムや韓国が漢字を喪失してしまった今日、残された漢字文化圏は日本ということになる。何といっても日本には一千万といわれる俳句人口がある。ここに交流の大きな期待が持たれる。

 数の上で最も多く日本人が中国人と詩の交流を行ったのは明治時代である。大正時代日本人の漢詩文能力が急低下したのと、日本の大陸侵攻が進んだのとは時代がほぼ一致する。こういう歴史認識から、もう一度明治の文化交流時代を回復したいという願いは強い。折しも日本の若者の外国語選択は英語に次いで中国語という時代になり、中国へ留学する日本人学生も急増している。次世代の両国文化交流に漢俳が果たす役割は非常に大きいと思われるのである。



吟社の窗

▼3月23日北京で漢俳学会の発足式典が行われます。俳句4団体等と並んで葛飾吟社にも中国人民対外友好協会から招待状が届きました。千四百年に及ぶ日中文芸交流史の中で、初めての日本からの影響で生まれた漢俳、その漢俳の国家機関が誕生する瞬間に、日本人として立ちあえることは光栄の至りです。

▼スマトラ沖地震と津波は、死者行方不明合計30万という未曾有の大惨事となりました。漸く人々は津波の脅威を身近に感じ、インド洋にも太平洋と同じtsunami warninng systemを構築する話を開始しました。ツナミが英語を通じて世界語になっているのは、1896年の明治三陸津波が死者二万二千名という大災害だったため世界へ伝播したのです。しかしその十数年前の1883年、ジャワ島とスマトラ島の間のメラク海峡で起こったクラカタウの大噴火は、標高800メートルの島を吹き飛ばし、高さ36メートルの津波が発生。東はサンフランシスコ、西は喜望峰を回ってドーバー海峡の水位を高めたのです。しかし当時の死者は三万八千人でした。地球上の人口がいかに少なかったかが解ります。

▼ツナミは今や世界語ですが中国だけは用いていません。「海嘯」です。津は「渡し場」のことですから「渡し場の波」では何のことか解らない。明治以降日本製漢語を随分輸入した中国も、こればかりは輸入できなかったでしょう。然し「海嘯」は元来銭塘江へ海水が逆流する現象を指す語です。中国の新聞は「地震海嘯」などと書いて区別しています。

▼関東大震災以降の日本留学生の世界を描いた陳舜臣さんの近作『山河在り』上中下(講談社文庫)が出ています。留学生温世航は震災の混乱に乗じて殺された友人王希天の消息を追って名古屋を訪れます。希天の七高時代の先輩郁文が、服部担風と詩の交流をしていたことも出て来ます。話は名器「秘色」の函書きにある耶律疎材の「碧玉甌中思雪痕,黄金碾畔憶雷芽。」を追って進み、親類の僧を探して舟山列島の普陀山へ行くと消息不明だった美貌の女子留学生に再会します。詳細な普陀山の描写にも多くの詩句が出てきます。辛亥革命後の中国の苦難時代の経験は、現在中国政治に強く影響しているといえます。また日本の二十一カ条要求に反撥した五四運動は、現代中国の文芸の出発点にもなっています。やがて孫文の来日と死去。事態は上海事変、満州事変を経て泥沼の十五年戦争へ向かいます。当時を知ることは日本人にとっても重要なことです。陳舜臣さんの健筆は当時の日本の暴挙を引き合いに、最近の日本人の対中国批判を戒めているようにも思えて来ます。

▼国会図書館から「日本全国書誌」No.2509が送られて来ました。「文学」の項を見ると、掃いて捨てるほど句集、歌集がある中で、漢詩詞に関する研究書名は三好凌石『皇朝名吟集』松浦友久『日本上代漢詩文論考』平野彦次郎『唐詩選研究』それに葛飾吟社会員作品集『梨雲一邑』の4冊のみでした。

 

 

 

 

漢詩詞同人誌17年二月号完


三月号

   慶祝漢俳学会成立

     初 鴬            千葉県 中山逍雀

  初鶯試吟喉。      初鶯 吟喉を試す。
  枝上三紅促軽暖,   枝上 三紅 軽暖を促し,
    一白足清幽。    一白 清幽に足る。 

 

     題深川厳作牡丹絵皿  千葉県 今田莵庵
  牡丹彩白磁。     牡丹 白磁に彩る。
  林翁漢俳点情蘊,  林翁の漢俳 情蘊を点じ,
  相扶逞芳姿。     相い扶けて 芳姿を逞くす。

 

     菫 花            東京都 斎 游子
  春風到半庭,     春風 半庭に到り,
  菫花似星又似鈴。  菫花は星に似たり又鈴に似たり。
  萬事如有霊。     萬事霊有るが如し。

 

     游 鴛            千葉県 田 旭翠
  共游波上鴛。     共に游ぐ 波上の鴛。
  水暖先知春意動,  水暖く 先づ春意の動くを知り
  交頸待風暄。     頸を交えて 風暄を待つ。

 

     冬夜作           千葉県 高橋香雪
  銀花一夜中。     銀花 一夜の中。
  老幼囲炉習一曲,  老幼 炉を囲んで 一曲を習い,
  新婦待春風。     新婦は春風を待つ。

 

    春 吟             東京都 石塚梨雲
  吟行結浄縁。     吟行 浄縁を結ぶ。
  春光映水早梅妍,  春光 水に映じて 早梅妍に,
  風和二月天。     風は和らぐ 二月の天。

 

    魯迅碑             東京都 門馬清明
  仙台疎林下,     仙台 疎林の下,
  寒樹獨站魯迅碑。  寒樹 獨り站む魯迅の碑。
  飛鶸一影低。     飛鶸 一影低し。

 

    細 雨             神奈川県 萩原艸禾
  細雨湿小庭。     細雨 小庭を湿らす。
  疎影一枝花含涙,  疎影 一枝 花は涙を含み,
  滴声聴茅亭。     滴声 茅亭に聴く。

 

    初 雪            神奈川県 山田鈍耕
  紅梅散芳香。     紅梅 芳香を散ず。
  白雪乱舞銀世界,  白雪 乱舞す 銀世界,
  共競自然粧。     共に競う 自然の粧。

 

    猿若舞           東京都 大沼春風
  新生猿若舞,     新に猿若の舞を生じ,
  多年修養対高堂。  多年 修養して高堂に対す。
  平成勘三郎。     平成の勘三郎。

 

    湯島天満宮        東京都 池田耕堂
  祠堂映碧空。     祠堂 碧空に映ず。
  純白梅花恰如雪,  純白の梅花 恰も雪のごとく,
  春光興不窮。     春光に 興 窮まらず。

 

     春日山行        埼玉県 芋川冬扇
  春光対花催。    春光 花に対して催す。
  行人欲帰先拝佛,  行人帰らんと欲して 先づ佛を拝し,
  古木開白梅。    古木 白梅を開く。

 

     恭和趙樸初先生    東京都 石倉鮟鱇
  華風吹再来。    華風 吹いて再来す。
  山櫻當續海梅開,  山櫻まさに続くべし 海梅の開き,
  眞堪咏漢俳。    眞に漢俳を詠むに堪えたるに。

 (趙樸初先生 原玉)
  緑陰今雨来,    緑陰に今 雨来たり,
  山花枝接海花開。  山花の枝 海花に接して開く。
  和風起漢俳。    和風 漢俳を起こす。

 

 

     主要領導の漢俳を鑑賞する 今田 述
 二〇〇五年三月二十三日、いよいよ漢俳学会が誕生する。すでに主要領導(役員)について発表があった。学会の名誉会長には林林先生が、会長には劉徳有先生が、副会長には袁鷹、林岫、屠岸、紀鵬の各先生が就任する。この六人の先生方の作品を一首づつ鑑賞してみた。

    牡丹              牡丹      林林
 胆識冠群芳         胆は群芳に冠たるを識れり
 因抗女皇貶洛陽      女皇に抗いしに因って洛陽に貶しむ
 國色更増光 國色     更に光を増す
 (註)伝説武則天称帝后,曾于冬季詔令百花盛開,牡丹不従,被貶落陽。

 伝説によると武則天は、冬に詔して百花に盛んに開けと令したという。牡丹だけがこれに従わなかったので、洛陽に落とされた。けれども牡丹は腹の中で群芳に冠たることを知っている。却ってこれで光を増したと作者はいうのである。巧みに寓話を用いた傑作。

    春夜抵大阪         春夜大阪に抵る   劉徳有
 城楼逐月高。        城楼 月を逐いて高し。
 近水悠悠遠景揺,     近水は悠悠 遠景は揺れ,
 尋来八百橋。        尋ね来れり 八百橋。

 嘗て「水の都」と称された大阪には八百八の橋があった。歌謡『王将』の世界だ。戦後の車社会の中で、多くの堀川は埋め立てられて道路にされた。最近はそれでも残った水辺をライトアップして、水の都の夜景をクローズアップしている。大阪城が聳えている天満橋界隈の風情であろうか。

   京都春雨           京都の春の雨    袁鷹
 昨夜雨蕭蕭,        昨夜 雨は蕭蕭,
 夢繞櫻花第幾橋?     夢は繞る 櫻花の第幾橋?
 未知帰路遙。        未だ知らず 帰路の遙かなるを。

 「花の雨」という季語があるが、花の夜を降る雨は情緒纏綿である。京都の宿で床についてみたが、昼間見た鴨川べりの花の景色が、夢の中で繰り広げられて追ってくる。五条、四条、三条と、もういくつの橋を辿ったことであろうか? 宿へ帰るのも忘れてしまう。情感の籠もった作品。

   新加坡飛禽公園 シンガポールのバード・パーク     林岫
 幽賞最心清。        幽賞は 最も心清し。
 花好人来鳥不驚,     花は好し 人は来れど 鳥は驚かず,
 三両掠肩軽。        三両 肩を掠めて軽し。

 幽賞は静かに褒めることである。シンガポールはまさに全島公園だが、バード・パークは公園全体に金網をかけた不思議な世界だ。その中に各種の鳥が乱舞している。二三羽が肩を軽く掠めて飛んで行く。花も人も鳥も一体になって公園を楽しんでいる把握は詩人のもの。あんな人工的な公園で、こんな詩が生まれることに脱帽する。

   画師                 画家       屠岸
 画室満春風,        画室 春風に満ち,
 筆下桃花萬朶紅,     筆を桃花に下せば 萬朶の紅,
 身在彩雲中。        身は彩雲の中に在り。

 桃の花の紅を描いているうちに画家自身が彩雲の中にいる。制作没入の境地。紅は画家の心を一層燃え立たせる。屠岸先生はソネットの研究家でもある。ルノアールに学んだ日本の梅原龍三郎も紅色を好んだ。深海から釣り上げた鯛の朱肌を、さらに赤絵の皿に盛って描いていた。もう部屋中真っ赤っ赤である。画室は春風いっぱい。

   杜鵑花               ほととぎす    紀鵬
 杜鵑花啼血。        杜鵑花 血を啼く。
 落紅満地遍郊野,     落紅満地 郊野に遍く,
 無涙自高潔。        涙無く 自ら高潔。

 杜鵑花は花弁に紅の斑点がある。啼いて血を吐く杜鵑を連想させるからこの名があるのだろうか? あんなに沢山の花が、散って郊野にいっぱいになっても、けなげに涙せず高潔を保っている。作者のこの野草への愛情が滲み出ている。読み終わってから正岡子規の『病床六尺』を見る想いにかられた。

 

 

漢 俳

     四 首         千葉県 中山逍雀
  雨細鎖蓬扉。書窗繚乱人懶臥,貧富兩相違。

  暴富貪功名,妄自尊大四坐驚。何勝百畝耕。
   (注)暴富:成り上がり者  妄自尊大:横柄な態度

  祖父賞功時。富貴貧賤悉不鵠,平等未可爲。

  書窗少篆紋。嫩寒細雨湿鶯語,指下寫詩文。

 

     佛法東漸        千葉県 田 旭翠
  三国黄金鎖,衣帯千秋度萬縁。梵音海潮連。

  (注)趙樸初老曽説"中日韓三国佛法相応地是黄金鎖"

    老梅有約        千葉県 田 旭翠
  有約風流客,破蕾枝頭不説愁。紅梅旧酒楼。

     南通春景        千葉県 田 旭翠
  接天平野遠,油菜沿江満巷黄。春塘日方長

     閑纔在         千葉県 田 旭翠
  河頭売水翁。無価亦知詩境同,促春梅里風

 

     画師室写真 五首   千葉県 今田莵庵
  三寒四温来。繰開画布着大框,釘子打声恢。

  小描移大画,馬虎失過到大過。悔悟深知訛。

  素描加色彩,細看対象究求真。窗外已闌春。

  迫来搬入時。日夜層層塗面上,困窮藝心萎。

  展覧会開扉。緑陰叩門求美客,不知画師非。

 

     晩浦散策        千葉県 高橋香雪
  晩浦人黙歩,山黄水紅映斜陽。涛声乍潮香。

     雪国温泉        千葉県 高橋香雪
  冬天温泉郷。招貼閨女肌如玉,旅人淋浴長。

     五 首          東京都 門馬清明
  俯瞰仙台城,疎林風暖魯迅碑。游客解寒衣。

  乙酉元朝祝。長長重重鶏聲響,向天赤臉福。

  乙酉元朝祝,窗前家雀陪酒杯。一句硯洗埃。

  河灘朝靄中。寒雀幾幾驟何餌,人影僅浮空。

  寒田拾落穂。寒雀散驟春尚浅,農夫獨耕地。

 

     二 首         東京都 石塚梨雲
  田園草欲萌。桜花破蕾映新晴,春光満目明。

  随風湖上舟。遊人浅酔忘千憂,櫻雲繞酒楼。

 

     詠 梅 七首      東京都 池田耕堂
     成田山新勝寺

  荘厳不動堂。景勝山園風日穏,梅花馥郁香。

     蒲田梅屋敷
  蒲田探勝游。昔日名園何処在,梅林使我愁。

     雛人形
  春至飾"雛壇"。家中忽地帶華彩,梅花趣更添。

     歩東京都心
  陽春歩近辺。牆角孤梅清楚発,白多猶少妍。

     皇居東御苑
  冬城転寂寥。池畔梅林春尚浅,無何花満條。

     多摩百花園
  丘陵不待春。料峭名園千樹雪,瓊姿香逼人。

     池上本門寺
  聖場方渺茫。境内庭園春色遍,蝋梅分外香。

 

     庭前早春二首      神奈川県 萩原艸禾
  暗香西也東。庭梅凍蕾不似我,悠悠待春風。
  款冬納軽籠。籬畔探春春已遍,早梅兩三紅。

 

    "中学入試"       神奈川県 山田鈍耕
  孫娘上私塾。突破難関成合格,走馬燈胸中。

    "新潟豪雪"       神奈川県 山田鈍耕
  震災未怨多。降雪猛威倒住家,白銀如黒魔。

 

     五 首         埼玉県 芋川冬扇
     観 梅
  疎影花邪雪,小径吟行不問程。籬邉草已青。

     囲 棋
  佳人隔簾奇。俗事多年忘白髪,我亦好囲棋。

     感 偶
  江湖心殊寒。胆懐欲賦句未拙,惆惘強爲歓。

     喫 茶
  迎君汲石泉,婦謂共坐茶可煮。不知西空暮。

     閑 適
  竹窗微燈火,獨坐吟詩貧士楽。難平平仄仄。

     五 首         埼玉県 芋川冬扇
  四月花吹雪。燕子未來寒天愁,離枝花何流。

  鶯語春眠暁。筆下高情記舊情,問東風花期。

  清明花満城。斜陽残寒帰路晩。春陰寂無聲。

  老梅誰人栽。閑閑園庭春雨後,鳥語勝遊陪。

  深閑登小丘。細雨山寺花落盡。暮色千里駿。

 

     花粉飛         東京都 石倉鮟鱇
  街談巷議奇。乗風花粉攻鼻孔,噴嚏似鶯啼。

     春 十首        東京都 石倉鮟鱇
  夜聽寒雨餘。烟散遠鶯声斷續,春眠尚半途。

  梅影映澄潭。解凍水烟春淺淡,人佇意安閑。

  水村春到早。風定梅枝傾斷橋,口占酬啼鳥。

  美人眠後庭。春暄草舎閑煎茗,日午漫聽鶯。

  探春吟歩天。人笑賞梅流水岸,仰櫻飛雪山。

  佯病賞櫻游。時得花間壺有酒,午梦我無憂。

  賞櫻連袂飄。花底乗風鶯語到,帶酒朗吟高。

  櫻雪暮雲燒。花底傷神人易老,吟句思難抛。

  櫻雲十里堤。后影相思春雨裡,獨踏雪花泥。

     鶴頭格二首       東京都 石倉鮟鱇
  山陰陣雨時,頭髪鬆鬆后影之。火宅班馬嘶。

  尾閭生苦海,崎嶇世路促咳来。放任又哀哉。

    用中華新韵十四韵十四首  東京都 石倉鮟鱇
  醉山櫻花下,賞乗風飛雪紛華。試吟句堪誇。(一麻)

  賞夜櫻星火,暫春池吟降詩魔。醉月涌銀波。(二波)

  賞櫻雲飛雪,枕醉肱堪梦無覺。化乗風舞蝶。(三皆)

  賞櫻雲靉靆,醉春光浸潤胸懷。試七歩吟才。(四開)

  賞櫻雲映水,暫擬唐吟句伸眉。有樗散忘歸。(五微)

  仰櫻花鮮好,暫搖脣帶酒陶陶。花底作詩豪。(六豪)

  伴故知紅友,仰櫻雲滿目天流。聽鶯語不休。(七尤)

  鼓吟才淺短,歩櫻雲飛雪滿山。但尽日無言。(八寒)

  暫聳肩搖吻,和黄鶯啼斷櫻雲。得神品韵文。(九文)

  賞櫻雲開放。醉醇醪滿肚吹香,正身在仙郷。(十唐)

  歩櫻雪山徑。鼓詩腸老尚多情,和鶯放數声。(十一庚)

  吟山櫻花底,和蒼穹百囀鶯啼,嘲吾似午鷄。(十二斉)

  探風流韵事,歩櫻林香雪飛時。暫覓句題詩。(十三支)

  試詩腸堪鼓,和黄鶯巧囀三呼。得麗藻安舒。(十四姑)

 

 

曄 歌

     十 首         千葉県 中山逍雀
  小寒天。明明滅滅,億光年。

  昴星団。一紙千里,客衣寒。

  数点春。橋頭踏影,淡粧人。

  水仙香。一半菜園,是故郷。

  老歳年。四方銀壁,仰陰天。

  麦嫩芽。半夜星星,夜寒加。

  初雪庭。籬下黒黒,嫩芽青。

  一村春。一天浮動,一枝新。

  僅鶯聲。歩歩又歩,不知程。

  白梅開。紅梅任地,返照囘。

 

     六 首         千葉県 高橋香雪
  風意暄。老母精心,梅花盆。

  早梅開。露天浴池,寒透肌。

  粧点新。一白飄花,幾回春。

  白日昏。焚香黙誦,弔幽魂。

  雪霖霖。告別排成,燈影微。

  海外人。故郷村落,大雪晨。

 

     春 六首        千葉県 布川五雲
  初鶯聲。盆梅一白,花尚明。

  聴鶯聲。一枝魁春,加詩情。

  聴鶯聲。一枝破蕾,点素英。

  萬櫻花。香雲美景,酔韶華。

  萬櫻新。一枝流鶯,聴早辰。

  恋花時。酔人山月,酒一巵。

     七 首         千葉県 布川五雲
  有新詩。游人一酔,果為誰。

  五雲新。閉眼仰天,想故人。

  玉玲籠。皚皚飛散,午風舞。

  舞微風。寒空密雪,舞午風。

  雪初晴。一色六花,四無風。

  一釣翁。同朋無聲,雪一蓬。

  六花新。寒窗雪晴,一望晨。

 

     春 二首        東京都 石塚梨雲
  有閑人。賞花吟句,太純真。

  梅点紅。雪解幽庭,春意濃。

 

     春 十首        東京都 田村星舟
  君到遅。竹裏花飛,獨為詩。

  楽以愉。酒伴囂囂,紅火爐。

  小花明。故人千里,疎懶情。

  帯雪開。紅紅点点,江上梅。

  獨送春。一詩未有,鳥笑人。

  黄菜花。錦繍春明,一時奢。

  杏花初。歳月三十,隔鯉魚。

  登下校。野草幽花,有水車。

  雨一犁。習習香風,十里堤。

  紙窗明。狂吟跌宕,惜春情。

 

     春 五首        東京都 石倉鮟鱇
  梅一枝。詩,醉春思,梦花時。

  櫻二更。風,半窗梦,醉郷横。

  夜禽寒。天,春猶淺,月未圓。

  鳥声頻。新,梅花信,草舎春。

  醉茅庵。酣,詩梦淡,月娥團。

     十七首         東京都 石倉鮟鱇
  淑景佳。花,如圖畫,繞人家。

  念南無。佛,生花朶,減金箔。

  梦嫦娥。歌,迎醉客,睡星河。

  思無邪。蝶,紛花雪,醉風斜。

  賞花時。詩,醉言志,醒忘辞。

  吟春思。痴,詩言志,人忘字。

  醉花期。姫,貪靈液,踏香泥。

  百花魁。梅,紅脣媚,雪肌輝。

  賞花開。才,吟塵外,醉春台。

  月照吾。壺,通洞府,間茅廬。

  游泳徐。魚,聽細雨,上清渠。

  醉小樓。秋,明月透,晩蛩愁。

  春雪飄。濤,海亭遶,夜闇號。

  歩梅村。君,搖脣吻,和鶯吟。

  醒梦郷。窗,催幻想,滿月光。

  人化鶯。声,誇鳥性,唱春情。

  月明中。蛩,悲響動,老懷空。

 

 

偲 歌

     三 首          千葉県 秋山北魚
  花顔恋恋,如何此身。梅開素艶,爲誰春。

  歓香綉被,夢里桃源。蝶迷花径,逐風翻。

  不眠濡枕,空聴暁鐘。橋前柳葉,帯雨濃。

 

     十三首          東京都 石倉鮟鱇
  黄鶯百囀,白首一傾。緑陰金盞,映丹英。

  薫風一路,櫻下三杯。黄鶯出谷,雪花飛。

  一瞥春光,三杯壺酒。人醉花香,吟信口。

  千紫萬紅,三春數醉。花底枕肱,游魂睡。

  醉魂落落,詩興津津。花天虚左,羽人吟。

  三杯壺酒,一片春愁。山櫻翻袖,雪難收。

  無情風雨,滿地紅塵。空聽鶯語,轉惜春。

  三春花事,一路香泥。惜春吟似,午鷄啼。

  三春香梦,一夜狂風。紅塵埋冢,緑將攻。

  櫻脱美錦,節屆殘春。白頭才尽,不能吟。

  緑陰如水,白首納涼。枕書午睡,梦秋娘。

  随風轉柁,順性乗波。佳人眩惑,巧胡説。

  鏡中黄髪,明日黄花。無言洗臉,更刷牙。

 

 

     阮郎帰・漢俳学会創立 千葉県 今田莵庵
  宴中趙翁示詩魁。緑陰今雨来。山花枝接海花開。和風起漢俳。
  中日友,作品堆。経年廿五回。漢俳学会詩心媒。両民挙杯。

 

     鶯啼序・慶賀中国漢俳學会発足      東京都 石倉鮟鱇
  千年一衣帶水,弄風流韵事。弟蒙受、兄濟連綿,導流開墾荒地。學文字、人知雅興,東瀛悉喜華風起。肆花多日本,亦多好吟才士。
  先賞梅姿,更入櫻雲,探春光甘美。香雪舞、何不聳肩,声高裁賦言志? 和黄鶯、晴空巧囀,有白首、花間酣醉。送夕陽,傷感無垠,猶生歌思。
  唐人神品,宋代詞林,元存曲藻麗。避暑熱、看書涼蔭,戀慕詩国,梦想桃源,枕肱午睡。醒来瞻仰,嫦娥妖冶,我鰥月寡秋清處,憶嬋娟、覓句通辞理。嚴冬飲酒,凌寒呵筆游魂,酬答翰飛千里。  古来如此,萬衆披懷,共藝文滋味。但現在、忙中堪倚,寸刻幽閑,短詠深情,漢俳新意。求同敬異,相承交誼。日中騒客應傳唱,競謳心,代代無收尾。繆斯不厭搖脣,太白天輝,子規山励。

     又調寄喜遷鶯
  賞春花,玩秋月,騒客永歌声。詩國萬歳喜華風,唐代律絶榮。
  宋填詞,元制曲,七百年来無續。只今集会漢俳家,五七五言佳。
  (注)"唐代律絶榮。宋填詞,元制曲,七百年来無續。只今集会漢俳":這些句依拠林岫先生所講義関于中国詩詞史上漢俳的意義(2002年于東京)。

     釵頭鳳・春 吟      東京都 石倉鮟鱇
  黄鶯囀,白首讃,櫻雲飛雪繽紛散。天晴朗,風輕爽,酒洗塵腸,景堪舒暢。放,放,放。
  誇康健,揮詩劍,老殘兩斷晩年嘆。脱塵網,登山上,鼓舌游蕩,詠懷高尚。唱,唱,唱。

    〔中呂〕山坡羊・九韻   東京都 石倉鮟鱇
  春鶯山哢,花心池動,瓊姿綴玉衣無縫。踏薄氷,映嬌容,横枝倒影誇天縱。襟韵堪吟肩自聳,翁,吟境工,風,胸裡充。

  山櫻開放,鶯声舒暢,酣春飲宴人高唱。有詩翁,伴秋娘,艷然醉態花脣絳。共厭人間煩世網,觴,催醉狂,香,誘梦郷。

  風催花事,梅開尼寺,孤生庵主長聽視。坐茶房,賞氷姿,横斜綴玉收春思。共有雅才吟悦耳,詩,誇美辞,時,有笑資。

  風柔天碧,花紅人立,芳梅馥郁香堪醉。似朱脣,勸金杯,妖姿長袖眞狐媚。黄鳥關關虚空啼,追,白首迷,輝,赤羽飛。

  風吹山麓,櫻開溪路,化蝶香雪飛無數。醉春光,問仙區,我無功譽頻吟句。唱和碧天鶯巧語,吾,忘世途,湖,當畫圖。

  春尋花界,秋游塵外,滿山紅葉堪偏愛。雅情生,詠懷開,偸閑覓句吟無怠。我有登高七歩才,街,散貨財,台,非不材。

  頻探風韵,獨誇天分,擬唐吟句東西問。歩梅林,入櫻雲,暫脱塵網仙郷遁。冩景舒情四山隣,春,花下樽,身,醉裡賓。

  貧農塗炭,權官無患,騒人吟句輕沈泛。賞櫻雲,歩春山,花間傾酒迷浮幻。含笑繆斯光碧眼,看,拙作凡,刪,正字殘。

  春愁難斷,山櫻繚乱,嫦娥破鏡飛天半。雪花飛,酒徒歡,青春芳宴紅裙伴。白首充飢遲飽滿,盤,肴膳完,巒,東野寛。

  東風拂面,櫻雲流苑,詩翁探勝吟懷健。和黄鶯,哢青天,搖脣覓句吟無倦。滿目雪飛堪顧眄,妍,夕帶烟,圓,月上巓。

  朱脣微笑,白頭長嘯,探春芳宴櫻雲好。雪花飛,碧天高,黄鶯清哢山湖耀。風爽酒濃堪醉倒,搖,仙女腰,招,羽客巣。

  人無財貨,山豐花萼,櫻雲涌處堪安坐。雪花飛,老殘酌,閑聽鶯語將酬和。恰似銀河生萬朶,坡,翻錦波,歌,伴酒魔。

  白頭多暇,青春無價,朱顔緑酒櫻雲下。戀紅脣,競K鴉,聳肩一唱歌声嗄。回憶半生如櫪馬。花,夕氣佳,霞,山頂佳。

  春宵烟月,山陰茅舎,寒齋白首吃殘炙。憶生涯,思無邪,充飢重椀還排泄。厠所半窗櫻似雪,舌,吟句拙,蝶,迷梦迭。

  青春佳境,紅櫻閑徑,白頭吟歩乗清興。雪花飛,碧空鳴,黄鶯巧哢揮天性。詩思自調堪諷詠,情,歩歩輕,声,字字精。

  傾杯延寿,吟詩懷旧,老殘長慕氷肌透。仰嫦娥,憶桂舟,乗風破浪銀河宿。花貌含羞陪美酒,酬,死不休,秋,春可偸。

  醇醪當飲,長肱堪枕,游魂午睡櫻花蔭。化蝶飛,舞風尋,廣寒宮裡游仙禁。悦目金閨天女寢,吟,轉快心,侵,暫共衾。

  灰心凝湛,花間恬淡,老殘游處春堪探。住白屋,衣青衫,山居偏愛陽光燦。好也啼鶯催興感,杉,作翠嵐,楠,映碧潭。

 

 

     中國江南周游       東京都 齋 游子
     一 寒中訪拙政園
  昔年宰相退營園,今日庶民敲此門。
  可愛寒中臘梅發,池塘柳眼待春暄。

      瀛歌・一首
  拙政園,軒額柱聯,風雅傳。陳此文字,自作詩篇。

     二 古詩・一月三十日訪寒山寺
  寒山古刹繞香烟,新春佳節來眼前。
  金鷄朱蝋眞紅幕,梵宮一境歡喜全。
  忽吟張子楓橋作,多興佳句招句縁。
  何圖趙老揮毫額,寒捨殿上金色鮮。

   (注)偶看趙樸初老揮毫"寒捨殿"額。於大明寺,金山寺亦有趙老之書。金鷄是人工的象形物。当迎酉歳處處看之。

     三 古詩・寒中太湖游覽
  暗雲湖上借帆船,一條斜日濛昧天。
  船窓行侶啜茶語,温袍甲板寒氣穿。
  渚頭更歩北風裏,臘梅獨綻游客前。

     四 寒天中山陵
  風定晴雲暮,寒林哄笑温。
  鐘山廟頭氣,浩蕩滿乾坤。

   (注)鐘山是中山陵所在之地,在南京也。


     五 欲迎春節謁南京夫子廟
  夫子廟前春節粧,金鷄一族吉祥章。
  倭人敬仰老師像,呉客萬來行樂場。

     六 秦淮河畔作
  寂然河畔舊青樓,無客無燈有暗愁。
  遙想南朝榮耀日,王孫美女幾歡游。

       漢俳・一首
  夫子秦□嘆,廟前遊郭春節娯。快目宰予乎。

  (注)宰予:孔子門弟。昼寝を孔子に咎められた。

     七 古詩・西湖游覽
  越州春近湖水平,長堤柳眼徐欲萌。
  徘徊歡語勝游客,舟□如滑随意行。
  東坡有縁翠松島,任興懷古風雅情。
  碧雲似紗日輪淡,煙山如睡環水横。
  倭人放心看不飽,模糊魅力何處生。

       瀛歌・一首
  借輕船,湖水淡煙,山似眠。游客偏眺,戲童遠圓。

     八 漢俳・紹興魯迅故居
  不圖故居廣,遠客随縁發興觀。院落臘梅寒。

     九 古詩・江南萬里書感
  江南萬里愛日温,隨處點在平安村。
  舟行緩緩野川靜,養殖魚介池水渾。
  忽思年少戰爭日,幽鬼猫哭游子魂。
  華人遺恨尚難去,日兵辛苦誰與論。

     十 上海瞥見
  亂立層樓黄浦潯,傳聞街重池盤沈。
  客中所感人如問,異相何爲及石林。
   (注) 石林是所在昆明之奇景也。

     元旦偶成         東京都 齋 游子
  雪融元旦霽,淑景又何加。
  檐滴聾雙耳,朝斜照六花。
  忘憂酌椒酒,案句惜年華。
  文藝眞無限,人生奈有涯。

     寄土中氷柱 所謂霜柱   東京都 齋 游子
  天地盛冬候,土中氷柱陳。
  可憐繊細趣,能長冷寒晨。
  足下摧殘響,響間驚愕人。
  西東多破壞,百姓奈酸辛。

     笑健忘          東京都 齋 游子
  健忘空費刻,憫笑滿家門。
  恰好福音諺,有間誰與論。
   (注)笑う門には福來たる

 

     無 題          東京都 金 中
        一
  又見清姿睡夢中,含羞曼語意朦朧。
  想君最切何時刻,毎夜二十五點鐘。

        二
  曽共春山戯踏青,甘甜脈脈觸温情。
  對君思念難排遣,寒夜濃沖麥乳精。

        三
  欲別將去兩依依,都市風光夜入迷。
  携手和泉橋上立,街燈倒影盪漣シ猗。

 

     登黄鶴樓望三鎮      東京都 田村星舟
  仰望天空孤鳥翔,回頭三鎮霽蒼蒼。
  往時革命武昌土,長江悠悠割地泱。

     遊"蒲生野"         東京都 田村星舟
  寥寥天色淡,萬朶引黄曦。山里風烟折,春蕪雨露披。
  緬思千古意,只誦一篇詩。雙袖梅香濕,飄飄何處之。

 

     漢 俳            東京都 石倉鮟鱇
  芭蕉西鶴又蕪村,尚有子規成省文。
  日本吟情促風味,詩国韵士詠懷新。(新韵)

     滿城風雨          東京都 石倉鮟鱇
  滿城風雨有誰號? 門口迎接税吏敲。
  想不起來失麗句,但擱禿筆雅情消。(新韵)

     花粉飛          東京都 石倉鮟鱇
  戰火燒城市,家山喪樹林。植杉爲房子,待賈老風塵。
  航路通南海,梁材屆北津。樓屋如筍聳,酒客擧杯頻。
  國富人歡樂,梅開雪郁芬。花精点紅粉,鶯語上蒼雲。
  時有青嵐動,何勝白靄巡。西施打噴嚏,東野倒芳樽。
                    (新韵)

 

     聴Barenboim演奏巴赫平均律鋼琴曲集有感    千葉県 今田莵庵
  巴赫鋼琴賦格奇,四三主題各来遅。
  弾此奏者唯双腕,波乱深情末路治。
  (注)巴赫=Bach。賦格=fuga。

     便利店(コンビニ)之遭難 千葉県 今田莵庵
  便利店多強盗難,深宵毎勤独涼肝。
  頻頻録像賊常似,彼我何驚成隊干。

 

     大学対抗"東京箱根駅伝" 千葉県 高橋香雪
  新春慣例集羣英,箱根奇峰踏雪行。
  選手堂堂紅顔歳,市民沿路揚歓声。
  (注)駅伝:長距離接力賽□ □;足+包;走る

 

     新勘三郎         千葉県 大沼春風
  新生猿若舞,風采値霊光。有涙男児志,平成勘三郎。

     春二題          千葉県 大沼春風
  風斜門巷寂,細雨入書帷。坐見花含涙,閑庭春動時。

  東郊風乍起,舞柳路三叉。何料功名念,扁舟水一涯。

 

     辞職得閑暇        千葉県 清水蕗山
  昨日請辞職,今朝貪浅眠。鶯声春夢裏,凝目東籬辺。

 

     生死篇          千葉県 陳 興
  生有安樂生,死有安樂死。生從何處來,死往何處逝。
  父母造我身,能否造我魂? 學校學識字, □可學弄文?
  爲詩平生意,作客少年志。愁因渺前途,恨是離故裡。
  太白感月古,東坡望星稀。明月不曾老,今又遶我飛。
  大小李杜傳,千秋無二白! 人生各有程,各有各字跡。
  萬古待我來,我來何爲材? 唯恐百年後,名與身倶埋。
                □=言+距−足

     不平篇          千葉県 陳 興
  悔時隻有嘆足差足它,傲氣原來稚若何。
  且放不平心底石,豈沈多曲夢中河。
  爲詩勉強求量否:處世天眞可愛麼?
  溌墨淺間深莫測,舒情深處淺能歌。

     夜 雪           千葉県 陳 興
  向来待雪費相思,春鳥秋虫笑我痴。
  今夜年中最寒冷,雨成白蝶漫天飛。

     白日夢故郷歸路    千葉県 陳 興
  萬石誰家大屋基,亂猶有序我遙思。
  屋高天下驚神斧,欲是屋基承載之。

     客裡吟          千葉県 陳 興
  夜深誰不寐,客裡又吟秋。
  明月遊雲外,海天一葉舟。

 

    早春散策          神奈川県 萩原艸禾
  養老閑行不問程,追随曲径午風軽。
  無端移眼岐途奥,葦屋遺存醒舊情。

 

     地 震          神奈川県 山田鈍耕
  呆然只能看,廃業撤収庭。古樹蕾双白,短籬草獨青。
  忽驚揺集落,狼狽怒地霊。天佑眼前事,救人先祖星。

     四国旅行         神奈川県 山田鈍耕
  浮世生計楽,年底去湯療。静穏斜陽海,宿痾老病腰。
  新春生暖気,元旦應嘉招。甘夢直破砕,心機一転朝。

 

     春日遊山寺 二首     埼玉県 芋川冬扇
       一
  麗日徘徊事,高吟欲試狂。
  東風吹酔面,春鳥爲誰忙。

       二
  鶯啼人不見,寺庭影徘徊。
  水流如人語,老梅花未開。

     花時出遊         埼玉県 芋川冬扇
  清明三里路,終日正融融。
  一路花侵路,流鶯笑語同。

     早春即興         埼玉県 芋川冬扇
  雪解東風急,疎梅傍潤涯。
  横斜香千斛,映水又開花。

     観 梅          埼玉県 芋川冬扇
  歩歩詩情逸,枝頭翠羽鳴。
  一酔田舎酒,席暖忘歸程。

 

 

言論筆譚

          雲南省への旅    吉野まや(上海復旦大学留学生)
 1月18日、期末テストが終わり、あわただしく準備をして次の日に空港へ向かった。第一の目的地は麗江、雲南省の西北、海抜2400mの高地である。到着した日の夜、ガイドさんが「麗江は野生のキノコが有名です」と農家が経営するレストランに連れて行ってくれた。数え切れないほどたくさんの種類のキノコが入った鍋は非常においしかった。農家の方が言うには、麗江の野性の松茸はもともとそれほど高価なものではなかったが、日本人が大量に輸入するようになってからはどんどん値段が上がってゆき、今では農民が気軽に食べられないほど高価なものになってしまったという。日本人の松茸崇拝がこの地域の人々の生活を変えてしまったという事実を知り、慙愧の念にとらわれたのは私だけではなかったようで、友人と私は顔を見合わせてしまった。

 夕食後に南宋時代に建設された旧市街を散策した。そこは「古城」と呼ばれ、すでに800年もの昔から人々が暮らしてきた居住区であり、多くの観光客が訪れる。その町並みは情緒にあふれ、時間の流れもゆっくりしているように感じられた。他には景色の美しい公園や麗江に多く生活しているナシ族の村などを観光した。2日目に予定していた玉龍雪山が大雪のため封鎖されてしまい、行くことが出来なかったのは非常に残念である。

 3日目に長距離バスに乗って(旧称迪甸)に向かった。暖房のないバスは山道をのろのろと進み、そのひどい揺れに眠りから何度も起こされた。途中トイレに行きたくなって車を止めてくれるように頼んだがしばらく止まらず、やっと止まったと思ったら、なんと車が故障していたのだった。5時間で着くはずのところを、7時間半かけてシャングリラに到着した頃にはすでにくたくたであった…夕食は羊肉のしゃぶしゃぶで、本場の濃厚な香りと味がとてもおいしかったのがせめてもの救いである。次の日の朝、属都湖という湖を訪れた。香古里拉は麗江から200qほど北にある海抜3200mの高地なので、気温は昼間でもおそらく零下であっただろう。朝の寒さは言うまでもない。しかし、一面の銀世界を目にしたとたん、その恐ろしいほどの寒さはどこかに吹き飛んでしまった。あれだけさらさらの粉雪は日本で目にすることはできないだろう。旅行シーズンではなかったこともあって私達以外に人はおらず、美しい景色をガイドさんと運転手さんと「4人占め」できた。幸い高原反応もなく、私達は子供のようにはしゃぎまわった。

 一度麗江に戻り、5日目に大理を訪れた。大理は麗江から南に180kmほどのところに位置しているのでずいぶん暖かいが、とにかく風が強かった。3年近く友人に連れ添い、上海の強風にも耐え続けてきた折り畳み傘はここであっけなく骨を折り、その役割を終えることになる…。大理では唐の時代に建てられた仏塔を観光したり、白族の伝統的な家を訪れて、白族舞踊や「三道茶」といわれる白族独特のお茶(一杯目のお茶は「苦」味、二杯目は「甜」味、三杯目は「回」味(甘さのあとにぴりりという辛さを残す味))を楽しんだりした。また大理特産の藍の絞り染めを作っている村を訪れてその工程を見学した。

 7日目に飛行機で雲南省の省都、昆明に向かった。昆明は別名「春城」といわれるだけあって、正に「四季如春」、昼間の気温は20度近かった。市街地から車で1時間ほどの所にある石林という景勝地を訪れた。巨大な石が群をなして聳え立っている雄大な景観は今でも鮮やかに目に浮かべることができる。また西山に上り龍門石窟を訪れた。一人の道士が14年かけて彫り上げたというこの石窟は断崖絶壁の地にあり、そこからの眺めはまさに絶景であった。それだけに道士の苦難の日々、そしてその苦労を耐えしのぶ精神力は想像を絶するものであると感じた。

 中国には漢民族の他に55の少数民族が生活しているが、雲南省にはその内、実に25もの民族が暮らしている。麗江には漢民族の他、ナシ族を主としてイ族、リス族、プミ族などが暮らしている。ナシ族は独自の「トンパ文化」を有する。湖の美しい玉泉公園を訪れた際、中に博物館があり、トンパ舞、トンパ文字(ご存知だろうか、数年前、キリンから発売された玄米茶のパッケージに描かれていた絵文字がそれである)などを紹介していた。また、市内の劇場では雲南省に生活している少数民族を見ることが出来るショーが行われていて、私達も観賞した。香古里拉には主に蔵族(チベット族)、リス族、ナシ族、イ族、白族などが住んでいる。実は羊肉の鍋を食べたあと、蔵族の踊りを見に行ったのだが、体調がよくなくて残念ながら途中でホテルに戻ってしまったため見ることは出来なかった。大理には白族の他に漢族、回族、イ族、ミャオ族などが暮らしている。最後に訪れた省都昆明は人口のほとんどを漢民族が占めるが、 「雲南民族村」というテーマパークがあり、多くの民族の生活様式を知ることができ、また彼らの衣装や踊りなどを楽しむことができた。雲南省に暮らす25の少数民族は観光の目玉であると同時に、それにも増して人々の手厚い保護の対象であるようだった。

 この旅で数多くの民族を目にしたが、彼らの衣装はどの民族をとっても鮮やかな人目を引く色を多用していて、ひとつとして単色使いの衣装はなかった。以前から不思議に思ってはいたのだが、今回旅をしていく中でひとつの推測が頭にうかんだ。彼らの生活する大自然の風景は大地の黒、山の緑、空の青、雪の白と、どれも私達が暮らす都市にはない、にごりのない強い色で形成されている。自分の生活をそのような環境下に置いたとき、人間はそれに負けない、いや、それに「遜色」なく向かい合うことの出来る鮮やかな色を身にまとうのではないだろうか。大自然と彼らの衣装はひとつになって鮮やかな美しい景色を作りだしていた。彼らの生活が現代文化の勢いにかき消されてしまうことなく、この美しい自然とともにいつまでも続いてゆくことを祈っている。

 旅というのはもちろん訪れる土地そのものを楽しむのが第一の目的ではあるのだが、この8泊9日という長い時間を通して私がもうひとつ楽しんだのは、「友人と共に過ごす時間」としての旅である。就職活動を控えて自己分析なるものをしてみた結果わかったことだが、私はどうやら自分や物事に対していささか「こうでなければいけない」と思い込む癖があるようで、(完璧主義、とでもいうのだろうか)少しでも「こう」でなかったときに不満を持ちやすいらしい(たいてい出来ないくせにそう思うからからタチが悪い。)例えば旅を例に挙げると、せっかく遠い所まで来たのだから、訪れるべき観光点は全て訪れるのが当たり前だし、見るべきものは全て見るべきである、と知らないうちに頭の中のどこかで決め付けてしまっているのである。その点から考えると、今回の旅は完璧だったとはいえない。雪に阻まれて麗江の玉龍雪山には上れなかったし、晴れていれば最高に美しい景色が曇り空のもと「最高」の状態では見られなかったこともあった。香古里拉ではバスの移動に予定よりも時間がかかったために訪れる場所が少なくなってしまったし、体調をくずしたために蔵族の踊りを見ることができなかった。しかし旅を終えてみてこれほど楽しい旅はなかなかない、と思えたのは他ならぬ一緒に過ごした友人のおかげなのである。友人は「今ある条件の中で最大限楽しむ」という考えを持っていて、何かある度に「まあ仕方ないね、でもそれでもきっと十分楽しめるよ」 というような言葉を何度も聞いた。その度に私はああそうか、どうしてしなければ「ならない」などと決め付けていたのだろう、とはっと我にかえるのだ。とても楽な気分で過ごすことが出来たのはこの思考のおかげである。友人から学んだこの『「それはそれでいいんじゃないか」主義』(と私が勝手に名付けた)はこの先の私の思考にずっと良い影響を与えてくれるだろう。
 この友人との出会いに心から感謝している。

     游漓江望玉龍山       吉野瑪雅
 玉龍遠岫一茫茫   玉龍 遠岫 一茫茫
 白雪霖霖不能望   白雪霖霖として 望む能はず
 導者可惜失佳景   導者は惜しむ 佳き景を失すと
 客人却喜満詩嚢   客人却えって喜ぶ 詩嚢を満たすを
(注) 玉龍:玉龍雪山(麗江) 導者:ガイド

  読吉野瑪雅「雲南之旅」有感 千葉県 今田莵庵
  初訪雲南旅一旬,行程数日緊張頻。
  玉龍雪拒瀛州客,却得嬋妍交友親。




吟社の窗

▼3月23日、北京の対外友好協会ホールで「漢俳学会成立慶祝大会」が開催される。

当社から、中山主宰の他、今田、小畑、石塚、門馬の各氏、それに客員として東聖子(十文字短大教授、文学博士)と原得郎(大日本インク化学の無錫現地法人総経理)両氏の計7名が参加する。東さんは尾形仂先生からの紹介、原氏は筆者のジャカルタ時代の友人。すでに無錫に十年以上住んでいて、現地参加する。

▼俳句関係からは、金子兜太氏(現代俳句協会名誉会長)、倉橋羊村氏(現代俳句協会副会長、読売・産経選者)ら30名余りが参加する。

祝辞は次の6名が行う。漢俳学会会長劉徳有氏(元文化部副部長ー文部次官)。丁偉文化部代表。駐北京日本大使館井出公使。金子現代俳句協会名誉会長。藤木倶子「たかんな」主宰。中山栄造葛飾吟社主宰。

▼午後からはシンポジウムがある。パネラーとして、中国側から林岫、李小雨。日本側から倉橋羊村、今田述が担当する。

日本においてすら俳句と漢詩が同席することはまずないが、それに中国がからむというこのシンポジウムは千載一遇。まずはご期待を乞う。

▼2月15日斎川游子さんが、脳出血で倒れ日大板橋病院に入院された。絶対安静で見舞いは遠慮するとのこと。意識はあるそうだが、長期戦は覚悟しなければとの奥様のお話し。前日お孫さんと一緒に入浴し、極めてお元気だったとのこと。当日十時になっても下りてこないので、見に行ったらベッドから出て倒れておられたとのこと。

すぐ救急車が病院へ運んだので、処置が早かったようである。『梨雲』一月号に「馬齢垂八十、・・・」の詩があるが、一昨年の例もあり、基礎体力のある方なので早く全快されることを期待したい。

▼何かと出費の多いことが続く。本年の会費未払いの方は、お支払いにご協力をお願いします。

▼4月の東京例会は中山主宰のご都合で、第3土曜日4月16日に変更されていますのでご注意下さい。(莵)

漢詩詞同人誌17年三月号完